ブシロードがオンラインECを強化、7月末に新サイトオープン

企業ニュース

エンタテイメント企業のブシロードが、自社関連グッズの直接販売を強化する。ブシロードは2021年7月下旬を目途に、新しい通販サイト「ブシロード オンラインストア」をオープンする。
ブシロードは現在も自社作のキャラクターグッズやCD、書籍などを「ブシロード EC SHOP」で販売している。しかしこれまでは人気商品の発売時に、アクセスの集中でサイトはサーバーダウンすることもあった。新サイトではサイトの稼働環境を抜本的に見直すことで、アクセス急増時でも安定したサービスを提供できる環境とする。

 また決済方法のオプションも広げる。これまではクレジットカード決済とコンビニエンスストア決済が中心だったが、「PayPay」と 後払い決済サービス「Paidy」を導入する。若者の中で利用が多いサービスを加える。
 さらに大きな変更は、総額1万円以上の購入に「送料無料サービス」を導入することだ。(一部対象外の商品あり) 無料配送を広く導入する大手ECサイトにも対抗する狙いがありそうだ。

 キャラクターグッズは小売店や流通のコストが大きく、ヒットしても利益が限られることも少なくない。また他社へのライセンス販売による商品化の場合は、利益は商品価格の数パーセントのライセンス料に限定される。
 一方で商品の自社開発や自社流通は先行投資が大きく、在庫リスクなどもある。ブシロードは直接販売の利用の拡大することで、こうしたリスクの軽減を狙うことになりそうだ。

 新サイトオープン後は、ブシロード EC SHOPからの順次サービス移管を進める。2022年春ごろを目安にブシロード EC SHOPは全サービスを終了する予定だ。サービス終了時には登録の会員情報はすべて退会処理される。
 「ブシロード オンラインストア」では順次取扱商品を追加する。一部イベント、受注生産商品は限定販売期間が設けられる。また在庫があるものに限り、過去イベントの販売商品の購入も可能になる。

ブシロード EC SHOP https://bushiroad-ecshop.com/

関連記事

アーカイブ

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 篠原宏康氏
    いま日本のアニメ産業が大きく変わり始めている。アニメ視聴の主戦場は深夜帯や配信プラットフォームに移り…
  2. アヌシー国際アニメーション映画祭
     6月14日から開催されている2021年のアヌシー国際アニメーション映画祭は、19日(現地時間)に今…
  3. 「MANGA都市TOKYO ニッポンのマンガ・アニメ・ゲーム・特撮2020」
     日本のマンガ・アニメ・ゲーム・特撮を題材にした企画展「MANGA都市TOKYO ニッポンのマンガ・…
ページ上部へ戻る