「初音ミクがポケモンを歌う」、ボカロPが楽曲・MVを制作

DECO*27「ボルテッカー」

 世代を超えて人気おポケットモンスターをプロデュースする株式会社ポケモンが、バーチャルシンガーの初音ミクとコラボレーションしている。株式会社ポケモンは、初音ミクをプロデュースするクリプトン・フューチャー・メディアとのコラボプロジェクト「ポケモン feat. 初音ミク Project VOLTAGE 18 Types/Songs」を2023年9月29日より開始した。ポケモンと初音ミク、ふたつの大型コンテンツが競演する注目の企画になっている。
 このプロジェクトでは、日本を代表する18のボカロPが、楽曲・MVを制作する。18の数字はポケモンの属性が18種類あることにちなんだもので、楽曲・MVも18を予定している。制作された楽曲・MVはクリプトン・フューチャー・メディアのボーカロイド音楽専門レーベル「KARENT」を通じて、順次発表されている。

 ポケモンは1996年に発売されたゲームボーイソフト『ポケットモンスター 赤・緑』からスタートした一大コンテンツ。個性たっぷりのポケモンを捕まえて育てるコレクション性や、友達同士の交換や対戦で支持を集めていっきに人気を拡大した。カードゲームやテレビアニメや映画、アプリ、グッズなどに幅広く展開しており、その人気は日本だけでなく、世界的にも広がっている。
 初音ミクはクリプトン・フューチャー・メディアが開発して歌声合成ソフトウェアで、2007年にリリースされた。初音ミクで活用したクリエイターたちの楽曲投稿で、00年代後半よりインターネット上で一躍ムーブメントが起きた。さらにバーチャルシンガーのキャラクターとしても人気を得て、グッズ展開やライブなども行われている。

 今回のコラボレーションで制作される18の楽曲・MVは「ポケモン feat. 初音ミク」とし、歴代の「ポケモン」ゲームシリーズのBGMやSE(効果音)をサンプリングすることを共通テーマとしている。各ボカロPがそこから自由に発想して個性たっぷりに制作する。「ポケットモンスター 赤・緑」をはじめ、歴代のゲームシリーズのBGMやSEが新たなかたちとなり、これを初音ミクが歌唱する。MVの映像にもポケモンや初音ミクが登場する。
 発表1曲目は、DECO*27「ボルテッカー」。ロックやエレクトロニックをベースにジャンルレスなミクスチャーサウンドとポップ&キャッチーなメロディーを得意とするDECO*27らしく、カラフルでポップな表現に仕上がっている。2曲目は稲葉曇、3曲目はMitchie M、さらに4曲目はピノキオピーと人気のボカロPがそのに続く。

「ポケモン feat. 初音ミク Project VOLTAGE 18 Types/Songs」公式サイト
https://www.project-voltage.jp/

関連記事

アーカイブ

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. AnimeJapan2024
    ■凝った企業ブースが脱コロナ禍を演出  2024年3月23日から26日まで、東京都内で日本アニ…
  2. クランチロールアワード
     日本アニメ配信プラットフォームで世界最大規模のクランチロールが主催する「クランチロール・アニメアワ…
  3. 東宝×「World Maker」 
     2023年12月、東宝本社のゴジラ会議室に、ハリウッドの大物監督ジョーダン・ヴォート=ロバーツさん…
ページ上部へ戻る