『詩季織々』公開日にNetflix世界同時配信開始 ロサンゼルスでワールドプレミアも

『詩季織々』Netflix

 『君の名は。』や『秒速5センチメートル』で知られるコミックス・ウェーブ・フィルムがアニメーション制作をするこの夏の話題の映画『詩季織々』が、Netflixで世界配信されることが発表された。Netflixオリジナルアニメとして、日本公開と同日の2018年8月4日に配信をスタートする。
 配信に先立って、7月6日に米国ロサンゼルスで開催される大型イベントAnimeExpo 2018にて、ワールドプレミアも実施される。当日は、本編のうち「小さなファッションショー」のエピソードの竹内良貴監督、そしてコミックス・ウェーブ・フィルムの川口典孝社長が現地を訪れる。上映後にはファンからの質問などに答える。
 
 『詩季織々』は中国の有力アニメブランドのハオライナーのコミックス・ウェーブ・フィルムへの熱心なラブコールで、実現した3つのエピソードからなるオムニバス映画。中国の3都市を舞台に若者のたちの青春を描き出す。アニメーション制作をコミックス・ウェーブ・フィルムが担当している。
 3つのエピソードのうち1本はハオライナー代表で新海監督に憧れていたというリ・ハオリン氏が自ら監督になっている。日本と中国が協力して取り組む新時代の作品だ。
 日本では東京テアトル配給で8月4日に公開、中国公開も予定されている。一方で全世界に向けてはNetflixの配信と、ワールドワイドな取り組みとなった。さらに日本アニメファンの多いAnimeExpoで、北米のアニメファンに向けてアピールする。

 定額課金見放題の映像プラットフォームとしては世界最大の映像プラットフォームであるNetflixは、日本作品を中心に、「ANIME」分野に積極的だ。
 日本では2018年春のAnimeJapanの大型ブース出展・イベント実施で注目を浴びたが、夏にはロサンゼルスのAnimeExpo 2018でも存在感を発揮する。『詩季織々』ワールドプレミアに加えて、7月5日には「NETFLIXANIME」とタイトルしたトークイベントも実施する。ここで今後のNetflixのアニメラインナップを発表する。これまでも大型タイトルを手がけてきたNetflixだが、新たなオリジナルタイトルの発表も期待出来そうだ。

関連記事

アーカイブ

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. デジタルコンテンツ白書2020
     一般財団法人デジタルコンテンツ協会は、経済産業省商務情報政策局の監修による『デジタルコンテンツ白書…
  2. 「MANGA都市TOKYO ニッポンのマンガ・アニメ・ゲーム・特撮2020」
     日本のマンガ・アニメ・ゲーム・特撮を題材にした企画展「MANGA都市TOKYO ニッポンのマンガ・…
  3. ぼくらの七日間戦争
     毎年フランスで開催されるアヌシー国際アニメーション映画祭/MIFAは、新型コロナウィルス感染症の拡…
ページ上部へ戻る