ホリプロが海外展開の新会社設立 May’nや田所あずさらアーティスト・声優が所属

アーティスト

 芸能事務所大手のホリプロが、所属タレントの海外進出にアクセルを踏む。2018年6月11日に、「海外に通用するスペシャリスト」を掲げた新会社ホリプロインターナショナルの設立を明らかにした。
 代表取締役はホリプロ代表取締役社長の堀義貴氏が兼任。また取締役には経営企画本部担当の吉田正通氏のほか、矢田部行庸氏、金成雄文氏の3人が就任した。

 新会社は「インターナショナル」の名前のとおり、海外事業を積極的にてがける。特にアジア圏を中心に音楽アーティスト、声優の活動の場を広げる。
 新会社設立にあたっては、音楽アーティスト・声優部門のマネジメントの一部を新会社に移した。このなかには国内だけでなく、海外での活動が広がる所属アーティストの名前が並ぶ。大木貢祐、大橋彩香、木戸衣吹、京香、JUVENILE、田所あずさ、特蕾沙、DJ YURiA、巴奎依、中村瞳子、二ノ宮ゆい、畠山航輔、Machico、松永あかね、May’n、Liyuu、和島 あみらである。

 『マクロスF』のアニソンアーティストオーディション出身のMay’nは、早くから海外活動を広げており、海外でも大きな人気を誇っている。大物アーティストの異動は、ホリプロインターナショナルの事業に相当の力がはいっていることを感じさせる。
 田所あずさはホリプロの次世代声優アーティストオーディションでのグランプリ受賞者。現在は声優、アニメソンアーティストして幅広い活躍を続ける。大橋彩香、木戸衣吹、Machicoも、声優やアニメ分野での活躍が目立つ。
 これまでの海外での活躍は、世界で人気の高いアニメと結びついたアーティストが中心だ。ホリプロインターナショナルも、まずこの分野から実績を積み重ねていくことになるだろう。そうした成功体験を広げ、さらに新しいアーティストの発掘・育成につなげられるかが、今後の鍵になる。
 
ホリプロインターナショナル http://www.horipro-international.com/

関連記事

アーカイブ

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 庵野秀明展
     2021年10月1日より、東京・六本木の国立新美術館で「庵野秀明展」が開幕した。映画監督・庵野秀明…
  2. 第34回東京国際映画祭
     2021年10月30日から11月8日までの10日間、東京の日比谷・有楽町・銀座地区を会場に第34回…
  3. 篠原宏康氏
    いま日本のアニメ産業が大きく変わり始めている。アニメ視聴の主戦場は深夜帯や配信プラットフォームに移り…
ページ上部へ戻る