ミクシィ・XFLAG、YouTube限定の1時間アニメ「約束の七夜祭り」製作

『約束の七夜祭り』

 YouTubeで独占配信するアニメ『モンスターストライク』など、映像作品にも力を入れるミクシィのXFLAGスタジオが新たなアニメ製作を発表した。オリジナル企画の『約束の七夜祭り』である。
 本作はシリーズものや劇場映画ではなく、全体で約60分、一話完結のスペシャル番組のかたちをとる。テレビ番組にすれば、1時間半枠にも相当する大作である。7月7日19時より、 XFLAG ANIME公式YouTubeチャンネルにて全編無料で独占配信される。

 XFLAGはソーシャルネットやアプリゲームなどネット事業のミクシィの中で、稼ぎ頭となる「モンスターストライク」の関連事業を手がけている。アプリゲームだけでなく、新たなコンンテンツ開発にも積極的である。
 2015年にはアニメ『モンスターストライク』をスタート。その後も製作資金を全額出資するかたちで、劇場映画を含めたシリーズを拡大してきた。アニメとゲームを連動させることで、作品世界の拡張を続けている。
 
 アニメ製作にあたっては、これまでのフォーマットに捉われない枠組みを採用した。『モンスターストライク』はテレビ放送をしないシリーズとし、動画配信のYouTube独占とした。1話6分から8分程度の短めの尺も特長になっている。
 さらに2016年12月には劇場版『モンスターストライク THE MOVIE はじまりの場所へ』を全国公開、2017年12月にはYouTube独占配信の中編スペシャル『いたずら魔女と眠らない街』と続く。2018年10月には劇場第2弾『モンスターストライク THE MOVIE ソラノカナタ』を予定する。

 ウェブアニメはテレビ放送をしない一方で、テレビ作品や劇場作品に遜色ないクオリティを実現している。ファンから支持が高い理由でもある。
『約束の七夜祭り』でも原案・監督には、『正解するカド』や『翠星のガルガンティア』の村田和也を起用した。アニメーション制作は横浜アニメーションラボ、声優には若者に人気の斉藤壮馬らの名前が並ぶ。七夕を控えたなかで3年半ぶりに親友と再開することになった高校一年生の星真を主人公に、ファンタジー、恋愛、 バトルが盛り込まれたストーリーが展開する。

『約束の七夜祭り』公式サイト https://nanayamatsuri.com/

[スタッフ]
原案/監督: 村田和也
脚本: XFLAG スタジオ
キャラクター原案: 海島千本
キャラクターデザイン: まじろ
モンスターデザイン: 飯島弘也
音響監督: 明田川仁
音楽: 岩代太郎
企画プロデューサー: 平澤直
プロデューサー: 前野ジョナサン和志
制作: 横浜アニメーションラボ
製作: XFLAG スタジオ

関連記事

アーカイブ

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. ラディアン スタッフ
     2018年10月からNHK Eテレで、テレビアニメシリーズ『ラディアン』の放送がスタートする。空か…
  2. Anime Expo2018
    ■ エキビジョンホール、ファンの財布が緩む理由は?  見どころの多いAnime Expoではあ…
  3. Anime Expo2018
    ■ 参加人数11万人以上、延べ35万人 全米最大のAnime Expo  この夏、3年ぶりに…
ページ上部へ戻る