C&RがVR/ARで新会社設立 日中共同出資で中国技術の導入目指す

企業ニュース

クリーク・アンド・リバー社(C&R)は、2016年8月19日、VR(Virtual Reality:仮想現実)とAR(Augmented Reality:拡張現実)の市場拡大を目指した株式会社VR Japanを設立した。中国でVR関連機器の企画・開発やソフトウェアの運用をするIdealens Technology Co., Ltd.(アイデアレンズ)の技術やノウハウを用いた市場開拓を目指す。
新会社はC&Rと中国の投資家である王涵氏との共同出資となる。資本金は2000万円、C&Rが51%、王涵氏が49%を出資する。代表にはC&Rの代表取締役社長である青木克仁氏が就任した。

王涵氏は、アイデアレンズの筆頭株主であるNewMargin Venturesのパートナーを務めている。アイデアレンズは、米国のIT企業で開発の実績を重ねた宋海涛氏が四川省成都に2014年に設立したばかりだ。しかし、VRやAR、AI(人工知能)など、現在のビジネスの現場、そしてエンタテイメントで世界的に注目が集まる最新のテクノロージー分野に特化することで60以上もの特許を持つ。
なかでも同社が開発したケーブルレスの一体型VRデバイスは、軽量で高性能として高い評価を受けている。今後の事業拡大が期待されている。

C&Rはこの技術と製品と自社の持つマーケティングノウハウにより、日本のVR/AR市場の開拓目指す。同社は、クリエイターのエージェントと業務の大手で、とりわけゲーム業界に強みを持つが、そうしたネットワークを通じたビジネスが期待される。まずはゲーム、映画関連がターゲットになりそうだ。

関連記事

ピックアップ記事

  1. アニメーションブートキャンプ 2017
     アニメーション制作の第一線で活躍するプロのもと、業界を目指す学生が4日間の合宿で技術を学ぶ「アニメ…
  2. 「デジタルコンテンツ白書2017」
     ますます変化の動きを早くしているコンテンツ産業を一望する書籍として活用されている「デジタルコンテン…
  3. オリジナルTVアニメ「URAHARA」
     日本のアニメがネット配信を通じて世界中に広がる中で、映像配信プラットフォーム発のオリジナルアニメが…
ページ上部へ戻る