IGポート通期減収増益、当初見込み上回る 今期売上げ95億円を予想

ファイナンス決算

 2017年7月14日、アニメ関連の持株会社IGポートが、2017年5月期の通期決算を発表した。連結売上高は前年比5.3%減の75億8900万円となったが、営業利益は5億2000万円(24.7%増)、経常利益は5億4100万円(34.2%増)、当期純利益は2億2800万円(34.7%増)と利益面の伸びが大きかった。増益基調は前年に続くもので、利益重視を掲げた同社の方針を反映したかたちだ。
 こうした業績は、2016年7月にIGポートが明らかにしていた業績予想を上回る。当期純利益のみは、グループのアニメーション制作会社の事務所移転に伴い取得した固定資産で特別損失5800万円を計上したことから当初予想並みとなった。
 IGポートは予想を上回った理由として、製作出資に伴う版権事業が好調だったことを挙げる。版権事業は利益率が高いこともあり、営業利益、経常利益も押し上げた。

 版権事業の好調の一方で、映像制作事業は苦戦している。17年5月期の映像制作事業の売上高は44億9600万円(9.4%減)、また前年に続き営業損失を計上し、それが1億円だった。(前年は1億2500万円の営業損失)
 IGポートは売上については、次期以降に向けた企画が進む中で端境期になったとする。また、利益についてはクオリティーを重視するため受注を絞ったこと、制作コストが増加していることを挙げる。

 版権事業は売上高11億7400万円、前年比3.8%増。営業利益は4億3100万円(29.8%増)である。『進撃の巨人』、『ハイキュー!!』、『甲鉄城のカバネリ』、『魔法使いの嫁』などが主要タイトルである。映像マスターの減価償却費が減ったことで、利益が拡大している。
 出版事業の売上高は15億6300万円と前年並みだった。営業利益は2億5900万円(17.5%減)。2017年秋にテレビアニメ化が決定した『魔法使いの嫁』が中心となった。

 16年5月期、17年5月期は、売上よりも利益を重視したかたちだが、18年5月期の業績予想では売上高拡大を見通す。連結売上高は前年比26.4%増の95億9200万円を予想。実現すれば、IGポートの売上としては過去最高になる。これに伴い営業利益も5億6100万円(8%増)、経常利益は6億1000万円(12.7%増)、当期純利益も3億5600万円(56%増)を見通している。
 これらは『魔法使いの嫁』といった自社グループの出資比率の高い作品が増えているためと見られる。『魔法使いの嫁』では、海外販売権、商品化権、国内自動公衆送信権(配信権)の窓口を担当し、すでにヨーロッパ、北米、中国などの海外ライセンスの販売をしている。製作出資を通じた利益の拡大を目指す方向性が見て取れる。
 さらに18年5月期は『銀河英雄伝説』や、『魔法陣グルグル』、『ボールルームへようこそ』、『フリクリ2』、『フルメタル・パニック!Invisible Victory』、『宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち』といった話題作が続く。

関連記事

ピックアップ記事

  1. アニメーションブートキャンプ 2017
     アニメーション制作の第一線で活躍するプロのもと、業界を目指す学生が4日間の合宿で技術を学ぶ「アニメ…
  2. 「デジタルコンテンツ白書2017」
     ますます変化の動きを早くしているコンテンツ産業を一望する書籍として活用されている「デジタルコンテン…
  3. オーライタロー氏、樋口真嗣氏
     生頼範義の大規模な回顧展が、2018年1月6日から2月4日まで東京・上野の森美術館で開催される。2…
ページ上部へ戻る