スタジオジブリのアニメーション文化調査研活動助成、対象者の募集開始

企業ニュース

 徳間記念アニメーション文化財団は、2018年度の「アニメーション文化調査研究活動助成制度」の助成対象研究者の公募をこのほど開始した。三鷹の森美術館の公式サイトにて、概要と詳細を掲載、さらに応募書類を配布している。
 調査研究活動助成制度は毎年、財団が実施しているもので、国内外のアニメーションの調査研究に最大50万円を助成する。応募締め切りは2018年1月31日まで。1月13日には応募者に向けた説明会を三鷹市の三鷹ネットワーク大学にて実施する。

 徳間記念アニメーション文化財団は、2001年に三鷹の森ジブリ美術館に運営を担う組織として設立された。美術館の運営や、企画・展示、さらには外部のアニメイベントなどへの協力もしている。
 幅広い財団の活動のひとつが、アニメーション文化の調査研究、普及、啓発活動である。研究助成金もその一環である。
今回助成の対象となる研究は、
・「アニメーションの理論・歴史」
・「アニメーション制作方法およびその技術」
に関するもの。これ以外にも、これらの趣旨に寄与する研究を含む。

 対象者は、大学院修士、博士に在籍、もしくは進学予定。大学・研究機関・教育機関・博物館・図書館での研究者。さらにフリーの研究家も対象とするなど幅広い。
 かつては年齢の制限もあったが現在は特に設けられていない。国籍や居住地は問わないが、調査研究は日本語で行われること、2019年3月31日までに成果がまとめられることが条件になる。
 応募された書類は、選考委員による会議のうえ決定、助成額も決められる。昨年2017年度は臼井直也氏の「学研アニメーションに関する基礎研究-人形を中心とした製作体制および作品評価の分析を中心に-」が選ばれている。一昨年は、助成対象研究はなかった。

 1月13日の説明会では、「申請書の書き方」、「調査研究テーマの選び方」、「調査研究計画の立て方」などを紹介する。申請上のアドバイスもするが、参加がなくとも助成制度応募は可能だ。場所は三鷹駅から徒歩1分の三鷹ネットワーク大学 教室C。11時から12時まで予定している。
 助成制度の詳細は、三鷹の森美術館の公式サイトにて確認出来る。

三鷹の森ジブリ美術館
「アニメーションに関する調査研究活動をサポートします」

http://www.ghibli-museum.jp/news/012810/

関連記事

ピックアップ記事

  1. 原恵一監督 インタビュー
     2017年10月25日~11月3日まで、第30回東京国際映画祭が開催される。近年、映画祭の中で大き…
  2. アニメーションブートキャンプ 2017
     アニメーション制作の第一線で活躍するプロのもと、業界を目指す学生が4日間の合宿で技術を学ぶ「アニメ…
  3. 「デジタルコンテンツ白書2017」
     ますます変化の動きを早くしているコンテンツ産業を一望する書籍として活用されている「デジタルコンテン…
ページ上部へ戻る