「前前前世」、2017年カラオケで最も歌われたアニメ楽曲、新曲では「ようこそジャパリパークへ」も

2017年カラオケランキング

 国内通信カラオケ企業トップの第一興商は、12月1日に2017年に最も歌われたカラオケランキングを発表した。このうちアニメ関連楽曲では、RADWIMPSの「前前前世 (movie ver.)」が1位となった。また総合1位は星野源の「恋」であった。
 ランキングは、第一興商が提供する業務用通信カラオケDAMで歌われた回数を集計したもの。DAMはこの分野で国内シェア1位となっている。2017年はまだ12月を残しているため2018年1月に確定版を改めて発表する。

 アニメ1位となった「前前前世 (movie ver.)」は、2016年8月に公開された映画『君の名は。』の主題歌である。昨年は3位であったが、映画公開から日が経ったにもかかわらず1位を獲得と人気の高さを示した。また同じ映画『君の名は。』で用いられた「なんでもないや(movie ver.)」も、新たに5位にランクインした。
 アニメ1位の「前前前世 (movie ver.)」は総合ランキングでも3位、歌手別ではRADWIMPSが1位。アニメとアーティストの人気が相乗効果となっていることが分かる。

 アニメ楽曲は、前年1位であった「ひまわりの約束」秦基博(『STAND BY ME ドラえもん』)が2位、さらに3位以下は「残酷な天使のテーゼ」高橋洋子(『新世紀エヴァンゲリオン』)、「シュガーソングとビターステップ」UNISON SQUARE GARDEN(『結界戦線』)と続く。
 ベスト10のうち8曲が前年もランキングしている。カラオケでのアニメ楽曲は定番が好まれることが分かる。

 新しい動きを掴むのであれば、2017年発売楽曲のランキング動向が注目される。ここでもアニメの存在感は大きい。映画『打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?』の主題歌に起用されたDAOKO × 米津玄師の「打上花火」が2位、ここでも話題作と人気アーティストのコラボレーションが人気を大きくしている。
 一方、アニメ人気が楽曲に波及したのは、5位の「ようこそジャパリパークへ」(どうぶつビスケッツ×PPP)。2017年1月から3月にテレビ放送され、話題作になった『けものフレンズ』のオープンングテーマである。『けものフレンズ』の人気の高さを示す結果だ。

 アニメ楽曲では『ひまわりの約束』(5位)、『残酷な天使のテーゼ』(9位)も、総合トップ10に喰い込んだ。
 総合トップは星野源の「恋」だったが、星野源は2017年にはアニメ映画『夜は短し歩けよ乙女』の主人公・先輩役の声優でも活躍した。さらに2018年には、3月公開の劇場アニメ『映画ドラえもん のび太の宝島』の主題歌の挿入歌を2曲書き下ろすことが決まっている。来年のランキングでは、こちらが台風の目となりそうだ。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 原恵一監督 インタビュー
     2017年10月25日~11月3日まで、第30回東京国際映画祭が開催される。近年、映画祭の中で大き…
  2. アニメーションブートキャンプ 2017
     アニメーション制作の第一線で活躍するプロのもと、業界を目指す学生が4日間の合宿で技術を学ぶ「アニメ…
  3. 「デジタルコンテンツ白書2017」
     ますます変化の動きを早くしているコンテンツ産業を一望する書籍として活用されている「デジタルコンテン…
ページ上部へ戻る