2018年度 フランスで初音ミクがライブ公演、「刀剣乱舞」「セーラームーン」の2.5次元も遠征

企業ニュース

 フランス・パリで、日本の新時代のポップカルチャーイベントが2018年度に実施されることになった。すでにアジアや米国で人気を集めた初音ミクのライブコンサートがヨーロッパで初めて開催される。また近年の急成長ぶり関心を集める2.5次元舞台からパフォーマンスショー『美少女戦士セーラームーン』、ミュージカル『刀剣乱舞』がフランスに遠征する。
 これらは国が進めるフランスでの日本カルチャー紹介の大規模企画「ジャポニズム 2018:響きあう魂」のプログラムのひとつとなる。日本の最先端のポップカルチャーというわけだ。

 「ジャポニズム 2018:響きあう魂」は、2018年に日本とフランスが修好160周年を迎えるのを記念して実施される。2017年7月から18年2月までパリを中心に様々な企画を用意する。
 このほどその公式プログラムが発表されたが、今回だけでライブエンタテイメントの公演、美術館・博物館での展覧会、映画上映会、講演など主要な企画は50を超える。紹介されるジャンルは伝統芸能から現代芸術、ポップカルチャー、スポーツまで様々だ。縄文文化、若冲、安藤忠雄、藤田嗣治、野村万作、野田秀樹、河瀬直美、チームラボ……。その幅の広さに驚かされる。

 ポップカルチャーも主要分野のひとつで、初音ミクのライブコンサートと2.5次元舞台も目玉のひとつになる。「初音ミクコンサート(仮)」と題されたイベントは、国際交流基金が主催、クリプトン・フューチャー・メディアが協力する。バーチャルアイドルとして活躍するミクがさらに海外に広がる。
 『美少女戦士セーラームーン』は武内直子の人気マンガだが、これを原作に2013年に20周年記念として新たにミュージカル化された。以来、多くのファンを動員している。これまでに中国・上海公演、米国・ヒューストン公演を実現したが、こちらもヨーロッパは初だ。今回はパフォーマンスショーとして装いを新たにする。
 ミュージカル『刀剣乱舞』はDMMのゲームを原作にしたものだ。国内外の女性を中心に人気を博している。
 いずれの公演も時期や、会場は調整中と今回は発表がなかった。しかし、チケットの発売となれば大きな人気を集めそうだ。
 このほか展覧会でも、ポップカルチャーにスポットがあたる。2018年11月29日から12月29日まで、パリ市内のラ・ヴィレッドで「キャラクターvs.都市:虚構×現実」展が開催される。アニメ、マンガ、ゲーム、特撮といったフィクションを現実の都市・東京と結びつけて紹介する。

「ジャポニズム 2018:響きあう魂」

トップページ

関連記事

ピックアップ記事

  1. 原恵一監督 インタビュー
     2017年10月25日~11月3日まで、第30回東京国際映画祭が開催される。近年、映画祭の中で大き…
  2. アニメーションブートキャンプ 2017
     アニメーション制作の第一線で活躍するプロのもと、業界を目指す学生が4日間の合宿で技術を学ぶ「アニメ…
  3. 「デジタルコンテンツ白書2017」
     ますます変化の動きを早くしているコンテンツ産業を一望する書籍として活用されている「デジタルコンテン…
ページ上部へ戻る