Netflix「DEVILMAN crybaby」 吹替え7言語、字幕23言語 18年1月5日一斉配信


 2017年3月にNetflixのオリジナル作品として製作が発表されたアニメシリーズ『DEVILMAN crybaby』が、2018年1月5日より世界190ヵ国以上で一斉配信を開始することが発表された。配信にあたっては、当初より日本語の他7言語で吹替え、さらに23言語の字幕を用意する。世界の多くの視聴者が、ストレスなく楽しめる。
 Netflixではこれまでも日本製の新作アニメシリーズを配信してきたが、多くの作品が日本での先行配信や、テレビでの放送も行ってきた。しかし今回は世界同時スタート、テレビ放送の予定もこれまで発表されていない。まさに“Netflixオリジナル”になる。2018年の始まりに、本作をぶつけてきたのはNetflixの意気込みの大きさも感じられる。

 勝負作と見られるだけに、作品の内容も相当力が入ったものとなっている。原作は永井豪。その代表作である『デビルマン』は、時代を超えて日本だけでなく、世界的に知られている。
 それを気鋭の監督である湯浅政明とアニメスタジオのサイエンスSARUが映像化した。湯浅監督とサイエンスSARUは、2017年に『夜明け告げるルーのうた』でアヌシー国際アニメーション映画祭で、『夜は短し、歩けよ乙女』でオタワ国際アニメーション映画祭でグランプを受賞し、国際的な注目を集めている。前2作とは全く異なる題材を、得意とする圧倒的な映像で実現した。日本アニメファン以外の視聴者にも大きくアピールするだろう。

 本作の特長は、やはりNetflixならではの世界のファンに広く届けることである。それは、7言語の吹替え、23言語の字幕にも現れている。
 また吹替え言語からは、Netflixが本作でターゲットにしている地域も垣間見える。世界共通言語ともされる英語のほかは、まずフランス語、ドイツ語、イタリア語、スペイン語(標準)、スペイン語(カスティリア)と南ヨーロッパを中心とした欧州地域が重視されている。スペイン語に加えてポルトガル語(ブラジル)があることで、ラテンアメリカも広くカバーする。これはNetflixが中南米でとりわけ普及していることを反映していそうだ。逆に中国語、韓国語、タイ語といったアジア言語は、字幕での対応となっている。

『DEVILMAN crybaby』
http://devilman-crybaby.com/

[吹替]
英語、フランス語、ドイツ語、イタリア語、ポルトガル語(ブラジル)、スペイン語(標準)、スペイン語(カスティリア)
[字幕]
英語、中国語(繁体字)、中国語(簡体字)、韓国語、アラビア語、オランダ語、デンマーク語、フランス語、フィンランド語、イタリア語、ドイツ語、ポルトガル語、ポルトガル語(ブラジル)、ノルウェー語、スペイン語(標準)、スペイン語(カスティリア)、スウェーデン語、ポーランド語、トルコ語、タイ語、ルーマニア語、ヘブライ語、ギリシャ語

原作: 永井豪「デビルマン」
監督: 湯浅政明
脚本: 大河内一楼
音楽: 牛尾憲輔
キャラクターデザイン: 倉島亜由美
デビルデザイン: 押山清高
ラップ監修: KEN THE 390
色彩設計: 橋本賢
美術監督: 河野 羚
撮影監督: 久野利和
編集: 齋藤朱里
音響監督: 木村絵理子
プロデューサー: 新宅洋平・永井一巨
アニメーションプロデューサー: チェ・ウニョン
アニメーション制作: サイエンスSARU
Produced by Aniplex Inc.Dynamic Planning Inc.

関連記事

ピックアップ記事

  1. 原恵一監督 インタビュー
     2017年10月25日~11月3日まで、第30回東京国際映画祭が開催される。近年、映画祭の中で大き…
  2. アニメーションブートキャンプ 2017
     アニメーション制作の第一線で活躍するプロのもと、業界を目指す学生が4日間の合宿で技術を学ぶ「アニメ…
  3. 「デジタルコンテンツ白書2017」
     ますます変化の動きを早くしているコンテンツ産業を一望する書籍として活用されている「デジタルコンテン…
ページ上部へ戻る