カドカワ第2Q減益 映像・ゲーム好調 ウェブサービスが落ち込む

ファイナンス決算

 11月9日に発表されたカドカワの2018年3月期第2四半期決算は、売上高はほぼ前年並みの1014億7300万円だった。しかし、営業利益は28億5800万円(35.3%減)、経常利益は30億3900万円(24.2%減)、当期純利益は17億4900万円(42.1%減)と利益面での落ち込みが大きかった。
 これは投資費用が嵩んでいることが大きな理由になっている。ウェブサービス事業でポータルサイトniconicoのリニュールや新バージョン導入に向けた投資が増え、減益幅が大きかった。出版事業も電子書籍・雑誌が好調の一方で、埼玉県所沢市の製造・物流拠点関連や新規事業への投資で減収減益になっている。

 ウェブサービス事業は、売上高154億600万円(4.2%減)、営業利益は3億9300万円(77.4%減)の減収減益。売上高はポータルサイトの有料会員、音楽配信の有料会員の減少が響いた。一方、「ニ
コニコ超会議」や「Animelo Summer Live」を抱えるライブ事業は売上げを伸ばした。
 減益の一因ともなっているniconicoの新サービスは、11月28日に発表する。新バージョンの導入で、ユーザーや滞在時間、課金の売上増加の効果を期待している。さらに新規コンテンツの創出も目指すとしており、下半期以降は、新バージョンの成否が大きな影響を与えそうだ。

 出版事業は売上高は543億9900万円(1.2%増)と前年並み、営業利益は24億円(38.2%減)だった。
 電子書籍・雑誌が、読み放題サービス「dマガジン」の好調で想定を超える収益となった。また電子書籍ストア「BOOK☆WALKER」でもライトノベル、さらに他社電子書籍ストアでは『ダンジョン飯』、『幼女戦記』などのコミックスも好調であった。

 好調だったのは、映像・ゲーム事業である。売上高は230億7100万円(7.0%増)、営業利益が18億8900万円(44.1%増)と増収増益となった。なかでも映像事業のアニメが全体を牽引した。映画では『ノーゲーム・ノーライフ ゼロ』、『劇場版 Fate/kaleid linerプリズマ☆イリヤ 雪下の誓い』、テレビアニメでは『ロクでなし魔術講師と禁忌教典』、『メイドインアビス』、『この素晴らしい世界に祝福を!』、『幼女戦記』を手がけた。
 利益面では電子チケットの販売も好調だった。また映像スタジオの収益改善も貢献した。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 原恵一監督 インタビュー
     2017年10月25日~11月3日まで、第30回東京国際映画祭が開催される。近年、映画祭の中で大き…
  2. アニメーションブートキャンプ 2017
     アニメーション制作の第一線で活躍するプロのもと、業界を目指す学生が4日間の合宿で技術を学ぶ「アニメ…
  3. 「デジタルコンテンツ白書2017」
     ますます変化の動きを早くしているコンテンツ産業を一望する書籍として活用されている「デジタルコンテン…
ページ上部へ戻る