KADOKAWA「娘TYPE」が休刊を告知 今後はムックや増刊に

マンガ

 大手出版社KADOKAWAは、定期刊行アニメ雑誌「娘TYPE」の休刊を告知した。「月刊ニュータイプ」公式サイトにて明らかにされた。
 発表によれば、「娘TYPE」は2017年11月30日発売の「娘TYPE 2018年1月号」が最終号になる。定期刊行は終了するが、今後も「娘TYPE」のブランドは残す。ムックや増刊での活用、刊行などを検討しているとする。

 KADOKAWAの刊行するアニメ雑誌「月刊ニュータイプ」は、1985年に創刊。日本のアニメ文化シーンを引っ張る老舗のアニメ雑誌としてファンにはお馴染みだ。その人気から複数の姉妹誌も展開している。現在は本誌のほか、「娘TYPE」、声優にフォーカスした「VOICE Newtype」、さらにマンガ誌の「コミックNewtype」がある。
 このうち「娘TYPE」は、主に男性アニメファンに特化している。2009年4月に創刊し、2010年に月刊誌となったが、2016年には2ヵ月ごと刊行の隔月刊に移行していた。同じ分野では学研プラスの月刊誌「メガミマガジン」に水を空けられたかたちとなっていた。

 近年のデジタル化の波が押し寄せる中で、アニメ雑誌の発行部数は減少傾向にある。2000年代半ばには各誌10万部から20万部の発行部数のあった3大アニメ雑誌「アニメージュ」、「アニメディア」、「ニュータイプ」の主要三誌の部数は5万部を割る。
 一方で、各誌ともデジタル配信やウェブでの雑誌見放題など、ネット対応を急速に進めている。インターネットでの情報配信にも積極的だ。こうしたファンのアニメ情報の接し方の変化も、今回の休刊に影響しているかもしれない。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 原恵一監督 インタビュー
     2017年10月25日~11月3日まで、第30回東京国際映画祭が開催される。近年、映画祭の中で大き…
  2. アニメーションブートキャンプ 2017
     アニメーション制作の第一線で活躍するプロのもと、業界を目指す学生が4日間の合宿で技術を学ぶ「アニメ…
  3. 「デジタルコンテンツ白書2017」
     ますます変化の動きを早くしているコンテンツ産業を一望する書籍として活用されている「デジタルコンテン…
ページ上部へ戻る