エイベックス第2四半期 アニメ事業は減収減益、売上げの6割以上がDVD/BD以外

ファイナンス決算

 音楽大手のエイベックスは11月9日に2018年3月期第2四半期決算を発表したが、上半期は伸び悩み、最終赤字となった。売上高は684億500万円(9.6%減)、営業利益は8億4300万円(71.6%減)、経常利益は6億1400万円(75%減)。そして当期純損失を6億1400万円計上した。
 業績の不調は、音楽、アニメ、デジタルの主要3事業の売上がいずれも前年同期比でマイナスとなったためだ。CDやDVD、Blu-rayでの大型ヒットに欠き、デジタル事業では不採算の映像事業サービスを終了した。

 アニメ事業は減収減益だった。上半期の売上高は71億9800万円で前年比22.6%減、営業利益は26億円で同28.1%減の大幅な減少となった。前年同期は『おそ松さん』関連が売上高に占める割合が大きかったが、今期は上半期にこれに相当するものがなく、反動減が大きかった。
 エイベックスはアニメ事業をDVD/Blu‐rayを中心としたパッケージ部門とライツやライブなどのノンパッケージ部門のふたつに分けている。パッケージ部門の売上高が26億7900万円(37%減)、ノンパッケージ部門は45億1900万円円(10.5%減)と、パッケージの売上高の減少が大きかった。この結果、アニメ事業全体の6割以上がDVD・Blu-ray以外からとなっている。DVD・Blu-rayの売上枚数は37万枚(前年同期5万8400万枚)、商品単価は5345円から5100円に下がった。

 一方で、第3四半期に前作が大ヒットになった『おそ松さん』の第2期がスタートする。製作出資やパッケージだけでなく、イベントライブや商品化、ゲームなどの関連事業も積極的に手掛ける。通期での売上げと利益への貢献が期待される。
 エイベックスは2018年3月期には、『おそ松さん』のほか『十二大戦』、『異世界食堂』、『賭けグルイ』、『デスマーチからはじまる異世界狂想曲』、『ブラッククローバー』、『ひとりじめマイヒーロー』、『恋愛暴君』、『Wake Up, Girls!新章』、『王室教師ハイネ』など、テレビシリーズを多く手がけている。さらに劇場アニメ『KING OF PRISM -PRIDE the HERO-』、『Dance with Devils-Fortuna-』、実写映画『氷菓』、舞台プロデュースやスマホアプリゲームにも積極的だ。
 アニメ製作本数を増やすことでヒットを生みだす機会を多くし、さらにそれをパッケージ以外のビジネスにつなげる。事業の多角化戦略がみてとれる。 

 音楽事業は売上高511億円(4.8%減)、営業利益(10.7%減)。前年同期比7.9%増とライブ事業が成長しているが、アルバムを中心に不振で21.5%減であったパッケージの減少をカバーできなかった。
 デジタル事業は売上高117億円(20.9%減)だったが、営業利益は8億円に増加した。不採算の映像配信サービスを終了したことで、会員数は前年同期の510万人から461万人に減少したが、利益率が改善された。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 原恵一監督 インタビュー
     2017年10月25日~11月3日まで、第30回東京国際映画祭が開催される。近年、映画祭の中で大き…
  2. アニメーションブートキャンプ 2017
     アニメーション制作の第一線で活躍するプロのもと、業界を目指す学生が4日間の合宿で技術を学ぶ「アニメ…
  3. 「デジタルコンテンツ白書2017」
     ますます変化の動きを早くしているコンテンツ産業を一望する書籍として活用されている「デジタルコンテン…
ページ上部へ戻る