映画「ポケモン」、中国初の劇場公開 11月11日から「ボルケニオンと機巧のマギアナ」

映画ビジネスのニュース

 日本を代表する小さなキャラクターが、いよいよ中国でスクリーンデビューすることになりそうだ。中国メディア各社の報道によれば、日本の劇場アニメ『ポケモン・ザ・ムービーXY&Z ボルケニオンと機巧のマギアナ』が2017年11月11日に中国公開される。
 日本では2016年7月16日に公開されたシリーズ第19作目にあたる。日本から1年4ヵ月遅れてとなる。国内では2017年7月に20作目にあたる『ポケモン・ザ・ムービー キミにきめた!』が公開されているが、こちらが先の上映となる。

 日本アニメの人気の高い中国では、これまで『名探偵コナン』、『ドラえもん』『クレヨンしんちゃん』、『ONE PIECE』、『NARUTO』、『ドラゴンボール』といった人気作の劇場アニメが次々に公開されている。日本円で興行収入10億円を超えるヒットも少なくない。
 そのなかでキッズファミリーの定番映画のひとつである「ポケモン」シリーズの公開は、これまでなかった。「ポケモンGO」の大ヒットで世界的に再人気化しているポケモンだけに、映画の成果も気になるところだ。

 中国では2015年の『STAND BY ME ドラえもん』のヒットを受けて、日本映画の公開が増加している。2016年には『君の名は。』が、『STAND BY ME ドラえもん』を上回る大ヒットとなった。
 2015年の日本映画の公開は2本だったが、2016年には11本に急増した。そのうち9本がアニメであった。2017年は再び引き締めとの見方もあったが、現在まで『ポケモン・ザ・ムービーXY&Z』も含めて8本が公開決定と、引き続き高い水準となっている。
 このうちアニメは、ポケモンのほか『映画ドラえもん のび太の南極カチコチ大冒険』、『劇場版 ソードアート・オンライン -オーディナル・スケール-』、『聲の形』、『KINGSGLAIVE FINAL FANTASY XV』の5本である。実写映画は中国で公開された邦画実写で過去最高の興業収入約14億円となった『銀魂』、『深夜食堂2』、『100年の恋』の3本であった。
 長年、海外映画の劇場興行に制約の多かった中国であるが、上映許可の本数枠は段階的に拡大傾向とも伝えられる。日本映画も十分な成果を見せて、さらに今後へつなげたいところだ。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 原恵一監督 インタビュー
     2017年10月25日~11月3日まで、第30回東京国際映画祭が開催される。近年、映画祭の中で大き…
  2. アニメーションブートキャンプ 2017
     アニメーション制作の第一線で活躍するプロのもと、業界を目指す学生が4日間の合宿で技術を学ぶ「アニメ…
  3. 「デジタルコンテンツ白書2017」
     ますます変化の動きを早くしているコンテンツ産業を一望する書籍として活用されている「デジタルコンテン…
ページ上部へ戻る