「デジタルコンテンツ白書2016」発刊 2015年のコンテンツ産業は前年並み12兆505億円


国内のコンテンツ市場の産業規模と各分野の動向をまとめた「デジタルコンテンツ白書2016」が、2016年9月1日に発刊する。コンテンツ市場全体の動向に加えて、主要コンテンツ7分野(マンガ/アニメーション/映画/音楽/ゲーム/オンラインゲーム/ライブ)、5大メディア(ソーシャル/モバイル/放送/新聞/出版)、さらに地域別に海外動向を紹介する。また「映像コンテンツビジネスのパラダイムシフト」とタイトルして、いま大きな関心を集めている映像ビジネスの変化にフォーカスする。
本書の特徴になっている市場動向の豊富なデータは今年も数多く盛り込まれている。各分野を網羅し、過去10年分を掲載する。経済産業省による日本のコンテンツ産業政策も解説され、コンテンツ産業のいまを知ることが可能だ。
価格は税別12000円、デジタルコンテンツ協会の公式サイトのほか、政府刊行物センター、全国の書店で購入できる。

「デジタルコンテンツ白書2016」によれば、2015年の国内コンテンツ産業の市場規模は12兆505億円だった。2014年比で0.4%とほぼ変化がなかった。
しかし、コンテンツのジャンル別では大きく動いている。電子雑誌は前年比66.9%増、電子書籍は29.6%増、音楽配信は17.2%増、動画配信は13.5%増とデジタル流通するコンテンツの市場が急成長している。
一方で雑誌販売が前年比720億円、ゲームソフトのパッケージが407億円、新聞広告が260億円とそれぞれ市場が縮小した。ここからもリアルからデジタルへのビジネスシフトが窺われる。

またコンテンツ別の最も大きな市場は、民放地上波テレビの1兆9561億円だった。次いで新聞販売の1兆614億円となっている。ここでは依然、従来メディアの存在感は大きい。
同時に3位にはオンラインゲームの1兆475億円、4位はインターネット広告9194億円とネットワーク系が急成長する興味深い状況となっている。「デジタルコンテンツ白書2016」には、こうしたより詳しい動向が掲載されている。

2016年9月7日には、東京千代田区の城西国際大学 東京紀尾井町キャンパスで発刊セミナーが開催される。コンテンツ産業の市場規模の解説、今回の特集を執筆した境治氏の講演、さらに「映像コンテンツビジネスのこれから」とタイトルしたパネルディスカッションを13時半から15時45分まで予定する。
参加はデジタルコンテンツ協会の法人会員は無料、その他は当日会場で3000円となっている。会場では発刊されたばかりの「デジタルコンテンツ白書2016」を税込10000円の特別割引価格で販売するので、購入を考えている場合はこちらの利用もありだろう。

「デジタルコンテンツ白書2016」
監修:経済産業省 商務情報政策局
編集・発行:一般財団法人デジタルコンテンツ協会
http://www.dcaj.or.jp/news/2016/08/2016.html

関連記事

ピックアップ記事

  1. 原恵一監督 インタビュー
     2017年10月25日~11月3日まで、第30回東京国際映画祭が開催される。近年、映画祭の中で大き…
  2. アニメーションブートキャンプ 2017
     アニメーション制作の第一線で活躍するプロのもと、業界を目指す学生が4日間の合宿で技術を学ぶ「アニメ…
  3. 「デジタルコンテンツ白書2017」
     ますます変化の動きを早くしているコンテンツ産業を一望する書籍として活用されている「デジタルコンテン…
ページ上部へ戻る