2020年、世界の日本アニメ市場11年ぶりに減少 海外が初めて日本を超える

アニメ産業レポート2021

 日本動画協会は2021年11月4日に、国内外の日本アニメの産業動向をとりまとめた「アニメ産業レポート2021」を刊行した。これに合わせて前年2020年の国内外の日本アニメ市場規模を算出、公表をした。
 発表によれば、2020年の日本アニメのグローバルでのリテール市場にあたるアニメ産業市場は2兆4261億円であった。2019年比では3.5%の減少だった。アニメ産業市場は2010年以来10年間連続で増加を続けてきたが、11年ぶりの前年比マイナスになった。
 またアニメ制作会社の売上げから算出するアニメ業界市場は、2744億円。こちらも前年比で9%の減少で、11年ぶりの前年比マイナスである。

 前年比マイナスの理由は、20年初頭から世界中に広がった新型コロナ感染症の影響である。配信と海外以外の全ての項目が前年比でマイナスとなったが、なかでもライブエンタテイメントは66.6%減の290億円と特に大きな影響を受けている。
 一方で配信市場は、巣籠り需要にも後押しされ35.8%増と大幅に成長した。930億円の金額は、映像ソフト市場466億円の倍以上になる。
 
 2020年のもうひとつ大きなトピックスは、海外市場が国内市場を上回ったことだ。国内が前年比マイナスで1兆1867億円になった一方で、海外は3.2%増の1兆2394億円だったためだ。近年は海外市場の急成長で両市場は拮抗していたが、逆転したのは今回が初である。
 市場推計にあたっては、毎年アニメ制作会社へのアンケートと各種発表資料に基づいている。今回は元請け制作69社からアンケート回答を得ている。

 「アニメ産業レポート2021」はA4で132ページ、全体の市場動向のほか、「テレビ」「劇場」「ビデオパッケージ」「ネット配信」「商品化」「二次利用」「音楽」 「ライブエンタテイメント」「海外動向」の分野ごとの統計と解説を掲載している。この他、特別編として「アニメ産業の働き方」や「新型コロナ禍」「教育事情」「地方進出」などを特集している。さらに2022年3月31日にネット上で公開される「年間パーフェクト・データ」も利用可能になる。
 価格は1万1000円(税込)、エスピーアイ・インフォメーションにて書籍版とダウンロード版を購入する。また東京。秋葉原のAKIBA INFO.×TOKYO ATOMと京都国際マンガミュージアムショップでは店頭販売もする。

エスピーアイ・インフォメーション
ダウンロード版 https://www.spi-information.com/categories/detail/30427
書籍版 https://www.spi-information.com/categories/detail/30426

関連記事

アーカイブ

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 庵野秀明展
     2021年10月1日より、東京・六本木の国立新美術館で「庵野秀明展」が開幕した。映画監督・庵野秀明…
  2. 第34回東京国際映画祭
     2021年10月30日から11月8日までの10日間、東京の日比谷・有楽町・銀座地区を会場に第34回…
  3. 篠原宏康氏
    いま日本のアニメ産業が大きく変わり始めている。アニメ視聴の主戦場は深夜帯や配信プラットフォームに移り…
ページ上部へ戻る