「アイドルマスター.KR」、日本の人気ゲームがAmazonオリジナル作品で韓国実写ドラマ化

Amazonプライム・ビデオ

Amazon.comはAmazonプライム ビデオのオリジナル作品として、実写ドラマ『アイドルマスター.KR』を発表した。ゲームやアニメで人気の日本の「アイドルマスター」シリーズを、韓国の映画やドラマの配給で知られるIMX(インタラクティブメディアミックス)が韓国で映像化する。
Amazonプライム ビデオは、2015年にスタートした映画やドラマ、アニメの見放題サービスだ。ショッピングでお馴染みのAmazonの運営とあり、ユーザーを着実に伸ばしている。『アイドルマスター.KR』は、2017年初めにAmazonプライム・ビデオで日本語・英語他で世界各国に独占配信をする予定だ。Amazonプライムがスタートしていない韓国ではテレビ放送される。

「アイドルマスター」シリーズは、アーケードゲームとして2005年にスタートした。ユーザーがキャラクターの少女たちをアイドルとして育成していくのが人気の秘密となっている。これまでにビデオゲームやスマートフォン向けゲーム、さらにアニメ化やマンガ化もされている。アイドルがコンセプトになっていることからライブや楽曲リリースなどの音楽展開も活発と、メディアミックスが幅広い。その人気は日本だけでなくアジアにも広がっている。
IMXは『アイドルマスター.KR』について、日本の人気コンテンツと韓国ドラマ、それにK-POPが融合したものになるとする。また俳優がアイドルを演じるのではなく、アイドルを目指す若者たちがアイドルとして成長していく自分自身を演じるという。リアルとフィクションの融合が特徴となる。
韓国ドラマはアジアで人気が高い。またアイドルのアジア進出についても韓国は一歩先をいく。これに日本のキャラクターは組み合わせることで、日本、韓国だけでなく、さらにグローバルな人気を目指すことになる。ただし、現状はAmazonプライム ビデオは、日本のほか米国、英国、ドイツ、オーストリアのみ、直近ではインドでのサービスインが発表されているだけだ。『アイドルマスター.KR』は、今後の他のアジア各国進出の際の有力タイトルとなる。

Amazonプライム ビデオのスタート以来、オリジナルコンテンツの開発に力を入れてきた。『仮面ライダーアマゾンズ』、『ベイビーステップ』、『はぴまり〜Happy Marriage!?』、『内村さま〜ず Second』などの話題作がある。アニメでも人気アニメの新作シリーズ『クレヨンしんちゃん外伝 エイリアンvs.しんのすけ』が関心を集めた。
しかし韓国実写ドラマは同社初である。Amazonは今回のプロジェクトについて「日本のアイドル文化と韓流ドラマとの最高の組み合わせ」としている。今後も日本だけでなく、Amazonが進出を狙うアジア地域を広くターゲットにしたグローバルな枠組みのオリジナル作品の登場はありそうだ。

関連記事

ピックアップ記事

  1. COMEDY ANIMATION MARKET FUKUOKA 2017
     福岡から日本のアニメーションのクリエイティブを世界につなぐビジネスイベントが開催されることになった…
  2. TOKYOFOUCUSの企画ピッチ
     世界最大の国際アニメーション映画祭であるアヌシー、その併設国際見本市にて自身のアニメーション企画で…
  3. COCOLORS
     独自のセルスタイルのCGアニメで、先進的な表現を追求するスタジオ、それが神風動画である。その神風動…
ページ上部へ戻る