「スターシップ・トゥルーパーズ」最新作2018年2月公開 SOLA DIGITAL ARTS制作、KADOKAWA配給


 SF界の巨人ロバート・A・ハインラインの代表作『宇宙の戦士』を原作に1997年に公開、興行収入1億2000万ドルを超える大ヒットになったのが映画『スターシップ・トゥルーパーズ』だ。そのシリーズ最新映画が、2018年2月に日本公開される。9月14日に『スターシップ・トゥルーパーズ レッドプラネット』公式サイトがオープンし、ティザーPVの配信もスタートした。
 本作ではシリーズでお馴染みのジョニー・リコが主人公として登場し、遂に火星にまで到達した昆虫型生命体バグと戦いを繰り広げる。
 前作『スターシップ・トゥルーパーズ インベイジョン』に引き続き、日本のCGスタジオであるSOLA DIGITAL ARTSが制作を担当した。監督も前作からの荒牧伸志が再登板、松本勝が新たに共同監督に加わった。

 企画・製作には、ソニー・ピクチャーズと共に、日本の映像会社ルーセント・ピクチャーズエンタテインメントも参加する。ハリウッドのSF映画としてスタートした「スターシップ・トゥルーパーズ」シリーズだが、誕生から20年を経て日米合作映画の色合いを濃くしている。国内でも例の少ない、本格的な日米の共同プロジェクトになっている。企画・製作や制作においての日本の関与が強まっているのは、シリーズの日本での高い人気が背景にあるとみられる。
 『スターシップ・トゥルーパーズ レッドプラネット』は、米国ではこの夏、サンディエゴコミコンに合わせてプレミア上映された。さらにイベント上映を経てリリースされたが、本格的な劇場配給はしていない。
 一方で日本では、2018年2月からKADOKAWA配給での公開となる。劇場で映画を楽しむ機会がより広がる。

 『スターシップ・トゥルーパーズ』は1997年にポール・バーホーベン監督により実写化されたが、その後、第1作を含めて3本の実写映画が製作されている。
 劇場映画4作目となる『スターシップ・トゥルーパーズ インベイジョン』はシリーズ15周年を機に、SOLA DIGITAL ARTSにより初のCGアニメーション映画となった。シリーズオリジナル作品のストーリーを引き継いでいたが、正史として扱うのかどうかはやや曖昧な位置づけでもあった。
 しかし『レッドプラネット』では、実写版3本の脚本を担当した大物脚本家のエド・ニューマイヤーが復帰する。CGアニメーション映画2本が実写映画3本を正統に引き継ぐ位置づけもより明確になっている。

 制作のSOLA DIGITAL ARTSは、2010年にプロデューサーのジョセフ・チョウ、監督の荒牧伸志らによって設立された。モーションキャプチャを活用したリアルなCGを得意としており、『アップルシード アルファ』などの代表作がある。
 荒牧伸志監督は、2000年代以降にフル3DCG、トゥーンシェーディング、モーションキャプチャの技術を多用し、『APPLESEED』、『スターシップ・トゥルーパーズ:インベイジョン』、『キャプテン・ハーロック』などを監督している。この分野で日本を代表する存在だ。
 
『スターシップ・トゥルーパーズ レッドプラネット』
http://sst-mars.jp/

監督: 荒牧伸志、松本勝
脚本: エド・ニューマイヤー
原作: 『宇宙の戦士』ロバート・A・ハインライン
企画・製作: ソニー・ピクチャーズ・ワールドワイド・アクイジションズ、ルーセント・ピクチャーズエンタテインメント
制作: SOLA DIGITAL ARTS
配給: KADOKAWA 


© 2017 Sony Pictures Worldwide Acquisitions Inc., All Rights Reserved.

関連記事

ピックアップ記事

  1. アニメーションブートキャンプ 2017
     アニメーション制作の第一線で活躍するプロのもと、業界を目指す学生が4日間の合宿で技術を学ぶ「アニメ…
  2. 「デジタルコンテンツ白書2017」
     ますます変化の動きを早くしているコンテンツ産業を一望する書籍として活用されている「デジタルコンテン…
  3. オリジナルTVアニメ「URAHARA」
     日本のアニメがネット配信を通じて世界中に広がる中で、映像配信プラットフォーム発のオリジナルアニメが…
ページ上部へ戻る