「ピングー」3DCGアニメでテレビシリーズ ポリゴン・ピクチャーズ制作、NHK Eテレで放送開始

『ピングー in ザ・シティ』

 CGアニメーションの制作で国内外の注目を浴びるポリゴン・ピクチュアズが、また新たな映像に挑戦する。今回、手がけるのはテレビアニメシリーズ『ピングー in ザ・シティ』である。ペンギンの姿をしたスイス生まれの人気キャラクターを3DCGで映像化する。
 2017年10月7日にNHK Eテレで放送開始。すでに26話のシリーズを2シーズン、全52話で放送することが決まっている。1話は7分となるが、息の長いアニメシリーズとして人気を集めそうだ。

 ポリゴン・ピクチュアズは1983年創立で、世界でも有数の歴史を持つデジタルアニメーションスタジオである。長い歴史だけでなく、クオリティーの高い映像づくりでも、国内だけでなく、海外に知られている。
 近年は、『亜人』や『BLAME!』、『シドアニの騎士』といったセルスタイルのCGで脚光を浴びるが、海外のカートゥーンネットワークやディズニーの依頼によるフル3DCGの作品は持ち味のひとつだ。『ピングー in ザ・シティ』は、そうした映像を日本でもテレビシリーズとして実現することになる。これまでのポリゴン・ピクチュアズとは異なった映像が観られる点でも、注目作品である。

 ピングーは、1986 年にスイスの映像作家オットマー・グットマンが、ストップモーション・アニメーションとして生みだした。クレイ(粘土)で表現されたキャラクターを一コマずつ動かし撮影する。テレビアニメシリーズも製作され、イギリスや日本など世界 155 以上の国と地域で放送、大きな人気を博している。
 今回はこれをCGアニメーションに置き換える。クレイの持つ立体感が、CGでどの様に表現されるか鍵になりそうだ。監督は『グレゴリーホラーショー』、『ペコラ』などで活躍するイワタナオミ、脚本は『クレヨンしんちゃん』や『スペース☆ダンディ』のうえのきみこ、『けものフランズ』や『デュエル・マスターズ ビクトリー』の田辺茂範を起用する。定評のある実力派が参加する。

 世界的に人気の高いキャラクターが主人公、さらに海外ではアニメーションの主流となっているCGでの映像化、そしてグローバルクオリティのポリゴン・ピクチャーズ制作と、日本だけでなく、海外でも活躍のできる作品となった。今後はさらに海外放送も期待したいところだ。

『ピングー in ザ・シティ』
NHK Eテレ 2017 年 10 月 7 日 放送開始予定
本放送:(土)午前 9:20~9:27、再放送:(土)17:25~17:32

原作: オットマー・グットマン
監督: イワタナオミ 
脚本: うえのきみこ、田辺茂範 
音楽: Ken Arai
アニメーション制作: ポリゴン・ピクチュアズ

関連記事

ピックアップ記事

  1. 原恵一監督 インタビュー
     2017年10月25日~11月3日まで、第30回東京国際映画祭が開催される。近年、映画祭の中で大き…
  2. アニメーションブートキャンプ 2017
     アニメーション制作の第一線で活躍するプロのもと、業界を目指す学生が4日間の合宿で技術を学ぶ「アニメ…
  3. 「デジタルコンテンツ白書2017」
     ますます変化の動きを早くしているコンテンツ産業を一望する書籍として活用されている「デジタルコンテン…
ページ上部へ戻る