「マジンガーZ」11月公開 仏配給会社Eurozoomが日本アニメにビジネスシフト

映画ビジネスのニュース

 フランスの映画配給会社Eurozoomが、日本アニメの劇場ビジネスに大きく舵を切っている。5月に『劇場版 ソードアート・オンライン -オーディナル・スケール』、7月に『ひるね姫 ~知らないワタシの物語~』を公開、さらに8月30日からは『夜明け告げるルーのうた』が封切になる。
 また2017年11月17日には、『劇場版 マジンガーZ』を日本の2018年1月13日公開に先立って上映する。これは世界初となるイタリアの2017年10月に続くものだ。積極的な新作公開で、フランスのアニメファンをがっちりと掴む構えだ。

 Eurozoomは1997年に設立されたフランスのインディペンデントの配給会社である。フランス映画を中心に作家性の高い作品を手がけてきた。その流れの中で、黒沢清、岩井俊二らの監督作品、スタジオジブリといった邦画も多く扱っている。
 『サマー・ウォーズ』、『おおかみこどもの雨と雪』といった細田守作品でヒットを飛ばし、アニメ映画を得意とするようになった。配給作品には、原恵一の『カラフル』、『百日紅』、さらに荒牧伸志の『APPLESEED』などがある。
 Eurozoomの特徴は、作品の幅の広さにある。「劇場版 NARUTO」シリーズや『ONE PIECE FILM Z』といったキャラクター人気の作品を配給する一方で、『ジョバンニの島』、『サカサマのパテマ』、『花とアリス殺人事件』といった日本での興行成績と別の視点を持っている。Eurozoomにとって日本アニメは最重要カテゴリーと言ってもいい。
 アジアの一部の地域を除けば、日本アニメの劇場公開はどの国も多くない。そのなかでフランスで日本アニメの公開が多いのはEurozoomの活動によるところが大きい。

 それでも2017年の公開はハイピッチで、しかも日本公開からのあまり時間が経っていないものが多い。これは2016年12月28日にフランス公開された『君の名は。』の存在が大きい。Eurozoomによれば、『君の名は。』は、フランスで観客動員数が25万人を超えている。これを大きな成功と位置付けている。
 そこで2017年は『劇場版 ソードアート・オンライン』を日本公開から2ヵ月で上映、アヌシー国際アニメーション映画祭クリスタル賞(グランプリ)受賞の『夜明け告げるルーのうた』と話題作を投入する。日本より2ヵ月近く早い公開となる『劇場版 マジンガーZ』は、とりわけ目玉と言っていいだろう。
 劇場アニメでフランス市場にどの程度、成果を残すことが出来るのか。Eurozoomとフランス市場の動向は、今後の日本アニメの海外展開の試金石となるに違いない。

Eurozoom
http://www.eurozoomcine.com/

関連記事

ピックアップ記事

  1. 原恵一監督 インタビュー
     2017年10月25日~11月3日まで、第30回東京国際映画祭が開催される。近年、映画祭の中で大き…
  2. アニメーションブートキャンプ 2017
     アニメーション制作の第一線で活躍するプロのもと、業界を目指す学生が4日間の合宿で技術を学ぶ「アニメ…
  3. 「デジタルコンテンツ白書2017」
     ますます変化の動きを早くしているコンテンツ産業を一望する書籍として活用されている「デジタルコンテン…
ページ上部へ戻る