バンダイナムコHD業績予想上方修正 第1Q、IP別でドラゴンボールがトップ

ファイナンス決算

 2017年8月4日、大手エンタテイメント企業のバンダイナムコホールディングス(バンダイナムコHD)はが2018年3月期第1四半期決算の発表をした。連結売上高は前年同期並みの1440億8400万円(0.5%減)だった、また利益面では、営業利益が156億1100万円(33.3%減)、経常利益が162億4000万円(29.2%減)、純利益は134億9800万円(27.0%減)と減益であった。
 しかし、17年5月10日に公表していた業績見通しを上回るペースとなっている。バンダイナムコHDは第2四半期、そして通期の業績見通しを修正した。第2四半期の売上高は2750億円から2950億円に、通期は6000億円か6200億円に引き上げた。いずれも前年並みとなる。利益面では第2四半期のみを引き上げて、通期は据え置いた。

 業績見通しはゲームを中心としたネットワークエンターテインメント事業の好調が理由である。事業別の売上高は、トイホビー事業、映像音楽プロデュース事業のいずれもが前年を下回ったが、ネットワークエンターテインメント事業のみ前年同期比7.1%増となっている。
 売上高は917億8900万円(7.1%増)、営業利益は127億800万円(23.4%減)。スマートフォン向けアプリゲームで、『ドラゴンボールZ ドッカンバトル』や『ワンピース トレジャークルーズ』が世界市場で好調だった。
 『ドラゴンボール』はグループ全体で好調で、IP(知的財産)別の売上高で前年同期の80億円から197億円に急伸した。IP別では前期1位だった「ガンダム」シリーズの152億円、2位だった『ワンピース』の74億円を超えて1位になった。スマホ向けアプリの収入が、大きく反映しているとみられる。

 アニメやアニメ音楽が中心となる映像音楽プロデュース事業の売上高は104億100万円(23.6%減)、営業利益は26億700万円(43.1%減)だった。「機動戦士ガンダム」シリーズや「ラブライブ!」シリーズが引き続き主力となったほか、『ガールズ&パンツァー』や『黒子のバスケ』などのライセンス収入も大きかった。
 またトイホビー事業の売上高は427億9400万円(11.0%減)、営業利益は13億4600万円(61.8%減)となる。「仮面ライダー」シリーズや「スーパー戦隊」シリーズは前期より伸びたが、「ガンダム」シリーズが4割近い落ち込みになった。また『妖怪ウォッチ』の下げ幅も大きかった。
 ネットワークエンターテインメント事業の売上増が目立ち、業績上方修正となったが、全体ではやや軟調さを感じさせる業績となっている。

関連記事

ピックアップ記事

  1. アニメーションブートキャンプ 2017
     アニメーション制作の第一線で活躍するプロのもと、業界を目指す学生が4日間の合宿で技術を学ぶ「アニメ…
  2. 「デジタルコンテンツ白書2017」
     ますます変化の動きを早くしているコンテンツ産業を一望する書籍として活用されている「デジタルコンテン…
  3. オリジナルTVアニメ「URAHARA」
     日本のアニメがネット配信を通じて世界中に広がる中で、映像配信プラットフォーム発のオリジナルアニメが…
ページ上部へ戻る