テレビ朝日HD第1四半期は増収減益 インターネット事業が成長

ファイナンス決算

 大手放送局のテレビ朝日ホールディングスは、2017年7月31日に18年3月期第1四半期の決算を発表した。音楽事業やインターネット事業の成長で売上高は増加したが、営業費用も増加したことから、全体では増収増益となっている。
 第1四半期の連結売上高は747億5000万円(5.5%増)。一方で営業利益は58億4600万円、経常利益は69億7000万円、当期純利益は48億3700万円である。それぞれ29%、23.4%、11.9%の減少となる。

 テレビ放送事業は売上高がほぼ前年並み。売上高は620 億4800万円(0.1%減)、営業利益は52 億1900万円と32.1%の減少となった。番組制作費の増加が利益を圧迫した。
 好調だったのは音楽出版事業で、売上高35億8800万円(69.7%増)、営業利益は3億4400万円(304.9%増)だった。ケツメイシのコンサートツアーの売上が大きかった。

 テレビ朝日は、新事業も積極的に展開する。なかでも注目を浴びるのが、サイバーエージェントと共同展開するAbemaTVである。同事業が業績にも影響を与えている。AbemaTV向けのコンテンツ提供もあり、その他事業に分類されるインターネット事業の売上は39億2000万円と前年同期で34.7%増の高い伸びとなった。しかし、インターネット関連費用も増加している。
 インターネット事業を含むその他事業の売上高は120 億3600万円(25.4%減)。営業利益は33.2%減の3億7200万円である。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 原恵一監督 インタビュー
     2017年10月25日~11月3日まで、第30回東京国際映画祭が開催される。近年、映画祭の中で大き…
  2. アニメーションブートキャンプ 2017
     アニメーション制作の第一線で活躍するプロのもと、業界を目指す学生が4日間の合宿で技術を学ぶ「アニメ…
  3. 「デジタルコンテンツ白書2017」
     ますます変化の動きを早くしているコンテンツ産業を一望する書籍として活用されている「デジタルコンテン…
ページ上部へ戻る