「劇場版マジンガーZ」 2017年10月にイタリア公開、日本より3ヵ月先行

映画ビジネスのニュース

 永井豪の往年の人気マンガを東映アニメーションが45年ぶりにアニメ映画化する『劇場版マジンガーZ』が、日本に先駆けてイタリアで公開される。イタリアの映画会社Lucky Redは、本作を2017年10月に公開すると発表した。タイトルは『Mazinga Z』になる。
 東映配給による日本公開は2018年1月13日が既に明らかにされている。イタリア公開が日本よりおよそ3ヵ月先行する。

 『劇場版マジンガーZ』の製作は、2017年3月に東京ビッグサイトで開催された「AnimeJapan 2017」のステージで発表された。当初より日本に先駆けて世界公開されるとしており、そのひとつがイタリアであることが明らかになった。
 『劇場版マジンガーZ』の原作者である永井豪は、『マジンガーZ』のほか『UFOロボグレンダイザー』や『デビルマン』、『ゲッターロボ』などを通じてイタリアで絶大な人気を誇る。Lucky Redは映画のターゲットは子どもの頃アニメを楽しんだ人たちと明解だ。
 本作は製作発表こそ東京であったが、その後のマーケティングも海外、とりわけヨーロッパ重視が際立っている。特報映像の初公開は6月にフランスで開催されたアヌシー国際アニメーション映画祭。文字どおりグローバルタイトルであることが分かる。

 配給のLucky Redは、『劇場版マジンガーZ』を東映アニメーションが2013年に製作したフルCG劇場映画『キャプテンハーロック -SPACE PIRATE CAPTAIN HARLOCK-』の成功に続くものと位置づけている。
 フルCG映画『キャプテンハーロック』は、日本では約5億円の興行収入にとどまった。しかし世界興収は約20億円、日本市場の占める比率は1/4以下と、海外主導の作品となった。なかでも大きな結果を残したのがイタリアで、興行収入は7億円を超え日本の1.5倍となっている。イタリアの映画興行市場の大きさを考えれば、かなりのヒットと言っていい。それに続いたのがフランスでこちらも6億円以上、イタリアとフランスの2ヶ国で世界興収のおよそ2/3を稼ぎ出した。
 
 このイタリア興行を成功に導いたのがLucky Redである。Lucky Redはもともとヨーロッパを中心とした良質の映画、そして今後の活躍が期待される若手監督の作品を得意としてきた。しかし、現在はより商業性を重視した作品を「Key Films」のレーベルで配給している。
 「Key Films」の主力タイトルには多くの日本アニメが含まれている。「映画ドラえもん」シリーズ、『ルパン三世VS名探偵コナン THE MOVIE』、『聖闘士星矢 LEGEND of SANCTUARY』、「映画ドラゴンボール」シリーズ、『バケモノの子』などがあり、スタジオシブリ作品もイタリアでは同社が扱う。
 さら『劇場版マジンガーZ』がこれまでの日本アニメ映画とは異なるのは、日本より早い公開である。どこよりも早く最新作が見れるとなれば、メディアやファンの盛り上がりも違ってきそうだ。フルCG映画『キャプテンハーロック』を上回る成果を残せるかが鍵になる。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 原恵一監督 インタビュー
     2017年10月25日~11月3日まで、第30回東京国際映画祭が開催される。近年、映画祭の中で大き…
  2. アニメーションブートキャンプ 2017
     アニメーション制作の第一線で活躍するプロのもと、業界を目指す学生が4日間の合宿で技術を学ぶ「アニメ…
  3. 「デジタルコンテンツ白書2017」
     ますます変化の動きを早くしているコンテンツ産業を一望する書籍として活用されている「デジタルコンテン…
ページ上部へ戻る