アスミック・エースが組織再編 機能別構成で映画事業本部、アニメ事業部消える

企業ニュース

 映画企画・製作・配給などのアスミック・エースは、2024年4月1日付で社内組織を大幅に再編成した。これまでの事業本部単位から、「製作」「マーケティング」「セールス」といった機能ごとの組織に変る。これにより映画事業本部、ライツ事業本部、その下にあったアニメ事業部などが消えることになる。
 
 これまでのアスミック・エースは、経営企画本部のほか、映画事業本部、ライツ事業本部、メディア・プラットフォーム事業本部など4つの事業本部から構成されてきた。映画事業本部には、編成製作部、映画営業部、映画宣伝部、事業企画部が置かれていた。ライツ事業本部ではコンテンツ販売部、アニメ事業部、制作部があった。いわば実写映画とアニメのビジネスは分断されていたことになる。
 新組織ではこれを、映画事業本部とライツ事業本部を合せたうえで、プロダクション本部、マーケティング本部、セールス本部の3つに再編する。実写やアニメといった区分がなくなるかたちだ。
 昨今は、アニメビジネスの強化を目的にエンタテイメント企業では、“アニメ”を独立した事業部・課として新設や強化する動きが広がっている。そのなかで敢えて、制作手法によって区別しない組織編成は新鮮だ。近年のアニメビジネスにも一石を投じそうだ。

 アスミック・エースは1985年設立のアスミックを源流とする老舗の映画会社。現在は住友商事傘下のジュピターテレコムのグループ会社の位置づけだ。中堅規模ながら企画・製作、海外からの買付け、配給、宣伝、パッケージ業務と映画の幅広い事業をカバーする。
 アニメ事業については、積極的に関わった時期と距離を置いている時期があった。近年は再びアニメに力を入れており、湯浅政明監督の『犬王』などの劇場映画、『火狩りの王』や異世界もののテレビシリーズなども手がける。

関連記事

アーカイブ

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. AnimeJapan2024
    ■凝った企業ブースが脱コロナ禍を演出  2024年3月23日から26日まで、東京都内で日本アニ…
  2. クランチロールアワード
     日本アニメ配信プラットフォームで世界最大規模のクランチロールが主催する「クランチロール・アニメアワ…
  3. 東宝×「World Maker」 
     2023年12月、東宝本社のゴジラ会議室に、ハリウッドの大物監督ジョーダン・ヴォート=ロバーツさん…
ページ上部へ戻る