2016年音楽ソフト・配信市場2986億円 前年並みも、定額課金が急成長

音楽

 一般社団法人日本レコード協会は、2017年2月21日に、2016年の音楽の有料配信売上げを発表した。2016年1月から12月までの売上高は、528億8600万円と前年比で12%増と二桁の伸びだった。3年連続の増加となる。
 シングルトラックの配信が174億5700万円(8%減)、音楽ビデオの配信が4億4800万円(21%)と減少したが、サブスクリプション(定額課金)サービスの利用が拡大し、市場の成長を支えた。サブスクリプション売上は61%増の200億300万円、初めて200億円を超えた。若い世代を中心とした音楽の楽しみかたが、音楽配信マーケットにも影響を与えている。

 日本レコード協会は、先にCDなどの音楽ソフトの2016年の生産実績金額も発表している。こちらは2457億円と前年比3%減だった。
 音楽ソフトの生産額と、今回発表された音楽有料配信の売上げ529億円を合算する2986億円になる。こちらは前年比1%となる。音楽市場全体では、2016年はほぼ前年並みだったと言えそうだ。

関連記事

ピックアップ記事

  1. アニメーションブートキャンプ 2017
     アニメーション制作の第一線で活躍するプロのもと、業界を目指す学生が4日間の合宿で技術を学ぶ「アニメ…
  2. 「デジタルコンテンツ白書2017」
     ますます変化の動きを早くしているコンテンツ産業を一望する書籍として活用されている「デジタルコンテン…
  3. オーライタロー氏、樋口真嗣氏
     生頼範義の大規模な回顧展が、2018年1月6日から2月4日まで東京・上野の森美術館で開催される。2…
ページ上部へ戻る