国内玩具市場前年並み 3年連続8000億円超 TCG市場は再び1000億円の大台に

ファイナンス決算

 2017年6月1日から4日まで、今年で56年目を迎える東京おもちゃショーが開催される。国内最大規模の玩具見本市として、例年、国内外からの多くの来場者で賑わう一大イベントだ。
 この開催に先立って、一般社団法人 日本玩具協会は恒例の2016年度の国内玩具市場規模を発表した。全体で8031億円、前年比で0.3%増となる。ほぼ前年並みだが2014年度から3年連続で8000億円を超える、高止まりした状態となる。玩具市場の堅調さを感じさせるものだ。

 「リカちゃん」「メルちゃん」「アンパンマン」「トミカ」「仮面ライダー」などの定番商品、定番キャラクターが引き続き好調だった。加えて、「ベイブレードバースト」や「うまれて!ウーモ」とういったヒット新商品が牽引した。
 しかし、玩具関連市場では、カプセル玩具が277億円10.9%マイナス、長期低落傾向が続いている。玩菓も468億円で10.0%減と、関連市場も含めるとマイナスになる。

 分野ごとでは、8.8%増となった「カードゲーム、トレーディングカード(TCG)」が1045億6400万円と再び1000億円の大台に乗せた。「デュエル・マスターズTCG」と「遊戯王OCG」が好調だったとしている。2015年度の劇的な回復、2年連続の高い伸びはTCG復活を感じさせる。
 男児キャラクターでも「ベイブレードバースト」が大ヒットし、前年比2.2%増を支えた。バトル系の玩具が男児に人気を集めているようだ。
 市場が大きかったのは「知育・教育」で1698億5600万円(1.3%増)、プラモデルやフィギュアを含む「ホビー」は1325億3500万円だが6.3%減だった。「ぬいぐるみ」は好調で15.9%増で、226億1900万円である。

 日本玩具協会は、2017年4月末から5月にかけてのゴールデンウィーク商戦で、前年を超える売り上げ実績となり、2017年も好調なスタート切っているとする。今後さらに玩具需要が増す、夏休み、そしてクリスマス商戦に期待をかける。
 今回、東京おもちゃショーで発表される各社の新商品が、そうした需要喚起の鍵となる。東京おもちゃショーは、1、2日を業界関係者だけのビジネスの日としているが、3日、4日は一般の人でも無料で入場できる。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 原恵一監督 インタビュー
     2017年10月25日~11月3日まで、第30回東京国際映画祭が開催される。近年、映画祭の中で大き…
  2. アニメーションブートキャンプ 2017
     アニメーション制作の第一線で活躍するプロのもと、業界を目指す学生が4日間の合宿で技術を学ぶ「アニメ…
  3. 「デジタルコンテンツ白書2017」
     ますます変化の動きを早くしているコンテンツ産業を一望する書籍として活用されている「デジタルコンテン…
ページ上部へ戻る