東京国際映画祭 新ディレクターに久松猛朗氏が就任、椎名保氏はTIFFCOM代表CEOに

久松猛朗氏

 今年で30回目を迎える東京国際映画祭の顔が変わる。映画祭を主催する公益財団法人ユニジャパンは2017年3月10日、新たにフェスティバル・ディレクターとして久松猛朗氏が就任したことを発表した。10月25日から11月3日までの10日間、東京・六本木地区をメイン会場とする第30回東京国際映画祭を率いることになる。
 久松猛朗氏は、1978年に松竹に入社、その後、松竹、ワーナーブラザース映画や衛星劇場といった映画・映像企業のエグゼクティブを歴任してきた。劇場、宣伝、番組編成、配給、買付、製作と幅広い経験を持っている。こうした経験や人脈が、映画祭の運営にも活かされることになる。

 今回の久松氏の就任は、映画祭、そして併催する国際見本市TIFFCOMの運営組織の再編の一環でもある。これまで映画祭のトップは、東京国際映画祭/TIFFCOMディレクター・ジェネラルとしてKADOKAWAの椎名保氏が務めていた。今回はこの職務を東京国際映画祭のフェスティバル・ディレクターと、TIFFCOMの代表CEOのふたつに分割する。
 TIFFCOMは、代表CEOである椎名氏が引き続き統括する。近年、成長を続けるTIFFCOMに専念することで、ビジネス面での日本の映画・映像分野の発展を目指すことになる。

 第30回東京国際映画祭実行委員会は、東宝代表取締役社長の島谷能成氏が委員長となる。副委員長に東映代表取締役社長の多田憲之氏とKADOKAWA代表取締役専務の井上伸一郎氏、さらに久松氏が加わる。
 また多田氏は、今回新たに設置される映画祭の諮問機関アドバイザリーボードの委員長も務める。映画祭/TIFFCOM関係の要職を東宝、東映、松竹、KADOKAWAの大手映画会社4社が分担するかたちだ。

東京国際映画祭
http://tiff-jp.net/ja/

関連記事

ピックアップ記事

  1. アニメーションブートキャンプ 2017
     アニメーション制作の第一線で活躍するプロのもと、業界を目指す学生が4日間の合宿で技術を学ぶ「アニメ…
  2. 「デジタルコンテンツ白書2017」
     ますます変化の動きを早くしているコンテンツ産業を一望する書籍として活用されている「デジタルコンテン…
  3. オリジナルTVアニメ「URAHARA」
     日本のアニメがネット配信を通じて世界中に広がる中で、映像配信プラットフォーム発のオリジナルアニメが…
ページ上部へ戻る