英国大手CGスタジオCinesite 「ソーセージパーティー」のNitrogenを買収

協力

 2017年3月7日、イギリスのCGとVFXの大手スタジオCinesiteは、カナダのアニメーションスタジオであるNitrogenスタジオの買収を発表した。買収金額などの取引の詳細は非開示としている。
Cinesiteは1992年に設立、CG・VFXのスタジオのなかで長い歴史を持つだけでなく、映画「ハリー・ポッター」シリーズなどで知られる。イギリス、そしてハリウッド映画でも活躍するCGスタジオである。
 Nitrogenスタジオは、カナダのバンクバーに拠点を持つ独立系の中堅CGアニメーションとVFXスタジオ。従業はおよそ70名になる。『きかんしゃトーマス』や、Netflixのシリーズ番組『トロール・ハンター』のアニメーション制作で知られている。また2016年には大人が楽しめる劇場映画『ソーセージパーティー』の大ヒットで一躍注目を浴びたばかりだ。

 Cinesiteは2015年にも、バンクバーに拠点を持つ視覚効果で定評のあるImage Engineを買収している。このほかモントリオールにもスタジオを持っており、北米での制作拠点の増強に積極的だ。また、世界的に需要の増しているCGによる長編アニメーション映画への進出を目指している。
 今回の買収で、クオリティの高い長編アニメーション映画の制作能力をいっきに引き上げる。CG長編アニメーション映画での今後の活躍を確かにするものとなりそうだ。

 Nitrogenは現在『トロール・ハンター』の第2シーズン、オーストラリアのパッション・ピクチャーズとはゴシックテーストの少女キャラクターを主人公にした長編アニメーション映画『Arkie』の制作に取り掛かっている。これらもCinesiteの経営のもとで引き継がれることになる。
 一方、Cinesiteは、タイトル未発表のHarold Lloyd projectと呼ばれる長編アニメーション映画の企画を進行中。さらにアイルランドのリバー・プロダクション、イマジナリー・フレンドと共同で映画『Riverdance』を製作中である。Nitrogenをグループに加えることで、制作ラインナップも一気に広がる。

 北米では、2006年のディズニーによるピクサー・アニメーション・スタジオの買収、2016年のユニバーサルによるドリームワークスアニメーション買収、さらに2012年の中国企業によるデジタル・ドメイン買収など、CG・VFXのスタジオのM&Aが少なくない。
 著名で実績のあるスタジオでも、ビジネス面では課題が多い。Nitrogenも、大手のCinesiteの傘下に入ることでこうした問題を解決することになる。逆に独立系としてビジネスを拡大するCinesiteの勢いを感じさせる。

関連記事

ピックアップ記事

  1. アニメーションブートキャンプ 2017
     アニメーション制作の第一線で活躍するプロのもと、業界を目指す学生が4日間の合宿で技術を学ぶ「アニメ…
  2. 「デジタルコンテンツ白書2017」
     ますます変化の動きを早くしているコンテンツ産業を一望する書籍として活用されている「デジタルコンテン…
  3. オリジナルTVアニメ「URAHARA」
     日本のアニメがネット配信を通じて世界中に広がる中で、映像配信プラットフォーム発のオリジナルアニメが…
ページ上部へ戻る