東映第1Q増収増益「シン・エヴァ」配給牽引、興行は赤字続く

ファイナンス決算

 映画大手の東映の2022年3月期第1四半期の業績が増収増益となり、新型コロナ禍の打撃から回復軌道に乗りつつある。
 2021年8月12日に発表した決算では、期間中の売上高は258億500万円で前年同期比22.8%増となった。また営業利益は37億3500万円(48.4%増)、経常利益は50億400万円(52.5%増)、当期純利益は18億5000万円(207.3%増)と利益も大きく伸びた。

 主力の映画関連事業が堅調で、売上高が203億2200万円(10.6%増)、営業利益は46億2600万円(8.7%増)となった。前期に公開、配給する『シン・エヴァンゲリオン劇場版』が大ヒットになった。同作は東宝・カラーとの共同配給だが、興行収入は100億円を超えた。このほか期間中は『いのちの停車場』『胸が鳴るのは君のせい』などを配給している。
 また連結子会社の東映アニメーションにあたるアニメ事業では、『ドラゴンボール』のゲーム化権販売、『スラムダンク』のアプリゲーム、『ドラゴンボール』『ワンピース』『デジモンアドベンチャー』の商品化権販売が好調だった。

 興行関連事業も前年同期の7倍以上となる25億8800万円となったが、新型コロナウイルス感染症拡大の影響で依然低調であった。幅は縮小したものの引き続き営業損失を2億7000万円計上している。営業損失は催事関連事業でも2億5500万円、建築内装事業でも3900万円となっており、新型コロナウイルス感染症の打撃は大きい。
 観光不動産事業は、売上高は11億9500万円(1.2%増)、営業利益は3億4200万円(7.9%減)。不動産賃貸が支えた。

関連記事

アーカイブ

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 新潟国際アニメーション映画祭
     2023年3月17日から22日までの6日間、新潟市内を中心に第1回新潟国際アニメーション映画祭が開…
  2. 太素(TAISU)
     『カウボーイビバップ』の渡辺信一郎監督、『九十九』で米国アカデミー賞短編アニメーションにもノミネー…
  3. かがみの弧城
     本屋大賞に輝く辻村深月の『かがみの孤城』は、ベストセラーとして世代を超えて支持を集めてきた。学校で…
ページ上部へ戻る