2017年/18年 アヌシー映画祭・MIFAを目指して 東京都が出展支援やピッチコンテスト実施

TOKYOFOUCUSの企画ピッチ

 世界最大の国際アニメーション映画祭であるアヌシー、その併設国際見本市にて自身のアニメーション企画でビジネス展開を目指す。東京都が都内のアニメ事業者のこうした展開を支援するプログラムを2017年に実施する。
 ひとつは2017年のアヌシー国際アニメーション映画祭併設見本市MIFAへの参加・出展・ビジネスマッチング・ピッチ支援である。もうひとつは2018年の出展を目指したセミナーとピッチコンテスト(海外進出ステップアッププログラム)となる。この説明会が2月中旬に開催される。プログラムの内容や、条件などが紹介される。

 2017年MIFAに向けたものは、「MIFA 2017出展支援プログラム」となる。これは2016年にも実施され、日本から4社・事業主がMIFAに参加して、現地で好評を博した。これを受けて2017年も行われることになった。
 支援対象者は6月13日から16日までフランス・アヌシーで開催されるアヌシー国際アニメーション映画祭に参加、見本市会場での商談とピッチをする。参加するにあたっては、自身が権利を持つ企画が必要となる。海外のアニメーション関係者とダイレクトにつながるだけに、選ばれればチャンスは大きい。

 また「海外進出ステップアッププログラム」は、2018年のMIFA参加に向けたものだ。17年7月のビジネス実践セミナー、18年1月のピッチワークショップを経て、2月にピッチコンテストを実施する。上位入賞者3組には賞金が交付される。さらにそこから18年のMIFA出展を目指す。
 アニメ企画はあるけれど、ピッチにまだ自信が持てない。企画もプレゼンテーションもブラッシュアップして挑みたいとの場合は、こちらがよいだろう。

 説明会では、ふたつのプログラムを合せて紹介する。説明会開催は全5回あり、2月15日(水)、22日(水)、24日(金)、3月10日(金)は東京都都庁、2月18日(土)は秋葉原TKPガーデンシティでも実施される。
 説明会の参加は、アニメーション制作を行っており、かつ都内で登記のある中小企業基本法の定める中小企業か、 都内税務署へ開業届出をしている個人事業主となる。また参加には事前の申し込みが必要だ。詳細は東京都のサイトに掲載されている。

アニメーションビジネス海外展開支援事業説明会
http://www.sangyo-rodo.metro.tokyo.jp/chushou/news/2017/0126_9363.html

■ MIFA2017(アヌシー国際アニメーション映画祭併設見本市) 出展支援プログラム
■ 海外進出ステップアッププログラム

*写真は昨年のピッチの様子。

関連記事

ピックアップ記事

  1. アニメーションブートキャンプ 2017
     アニメーション制作の第一線で活躍するプロのもと、業界を目指す学生が4日間の合宿で技術を学ぶ「アニメ…
  2. 「デジタルコンテンツ白書2017」
     ますます変化の動きを早くしているコンテンツ産業を一望する書籍として活用されている「デジタルコンテン…
  3. オーライタロー氏、樋口真嗣氏
     生頼範義の大規模な回顧展が、2018年1月6日から2月4日まで東京・上野の森美術館で開催される。2…
ページ上部へ戻る