2016年国内映画興行2355億円 邦画牽引で前年比8.5%増、過去最高に

映画ビジネスのニュース

 日本映画製作者連盟(映連)は1月24日に、2016年の全国映画概況を発表した。映連によれば、1年間に劇場に足を向けた人数は延べ1億8018万9000人となる。前年比で8.1%と高い伸びとなった。一人当たり平均で年間1.42回、劇場で映画を観た計算だ。
 また、興行収入も8.5%増と高い伸びとなる2355億800万円。過去最高となった。邦画、洋画ともアニメーション映画が好調だった。

 全体を牽引したのは、邦画の好調である。2016年の興収は1486億800万円。前年比で23.5%増と大幅に伸びた。『君の名は。』の235.6億円、『シン・ゴジラ』の82.5億円といった大型ヒットが貢献した。
 一方で、洋画は869億円と前年比で10.2%の減少。全体におけるシェアも前年の44.6%から36.9%と大きく後退した。近年の洋画の弱さが顕著に表れた。
 こうした傾向は公開本数にも影響している。邦画の公開作品は前年の581本から610本と増加したのに対して、洋画は555本から539本に減少している。

 興行の拡大と共に、スクリーン数も微増ながらプラスになった。2016年は3472スクリーンで、前年より35スクリーンの増加である。
 日本は人口当たりのスクリーン数の少なさで主要国では際立つが、それを興収でカバーするのが平均入場料金の高さである。こちらは前年並みの1307円(前年1303円)である。
現在、封切映画の一般料金は1800円に設定されることが多い。IMAXや4DXといった客単価の大きな上映形式も次第に普及しているが、各種割引の利用もあり平均ではこの水準となっている。

日本映画製作者連盟 http://www.eiren.org/toukei/index.html

関連記事

ピックアップ記事

  1. アニメーションブートキャンプ 2017
     アニメーション制作の第一線で活躍するプロのもと、業界を目指す学生が4日間の合宿で技術を学ぶ「アニメ…
  2. 「デジタルコンテンツ白書2017」
     ますます変化の動きを早くしているコンテンツ産業を一望する書籍として活用されている「デジタルコンテン…
  3. オーライタロー氏、樋口真嗣氏
     生頼範義の大規模な回顧展が、2018年1月6日から2月4日まで東京・上野の森美術館で開催される。2…
ページ上部へ戻る