2016年度、国内アニメ10億円超えが11本 邦画興収の4割超え

映画ビジネスのニュース

 2017年1月24日、日本映画製作者連盟は2016年の全国映画状況を発表した。また、2015年11月以降の年末年始興行から2016年11月まで国内で公開されたうち興行収入が10億円以上を超えた作品の興行数字も明らかにした。
 日本映画で10億円を超えたのは、前年度の39本を上回る42本。このうちアニメ映画は11本であった。前年の13本より2本少ない。また海外映画は19本、うちアニメーション映画は4本と前年と同じであった。

 作品本数では、いずれも全体の割合は高くないアニメーションだが、興行に占める割合では、存在感の大きさを見せつけている。
 日本映画では興収10億円以上の作品の合計が1167億円であるのに対して、アニメが553億円になる。全体の47%にも達する。これは2017年1月22日現在で235.6億円の大ヒットになった『君の名は。』の影響が大きい。さらに1位の『君の名は。』を含めてベスト10のうち6作品がアニメとなっている。大型ヒットの多さが、アニメ映画興行を牽引している。配給会社別でも、東宝の『君の名は。』、東映の『ONE PIECE FILM GOLD』、松竹の『映画 聲の形』と主要3社のトップは全てアニメであった。
 海外映画では、612億円のうちアニメーションが33%を占める。こちらも1位の『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』の後、2位、3位、4位に『ズートピア』、『ファインディング・ドリー』、『ペット』が続いたのが大きかった。

 2016年度は、アニメ映画のオリジナル企画の健闘も目立った。『君の名は。』のほか、『映画 聲の形』が23億円、『この世界の片隅に』が15.7億円、『ルドルフとイッパイアッテナ』が14.6億円となっている。今後はオリジナル企画に対する製作機運も高まりそうだ。
 リストには含まれなかったなかでは、3部作の第1作と第2作で合計15億円以上の興収を稼ぎ出した『傷物語』、春と秋に2作が公開されたプリキュアシリーズも合計で10億円を大幅に超えたと見られる。またリストに挙がらなかった作品では、『KING OF PRISM by PrettyRhythm』の7億円超がある。全体では600億円を超えたとみられる。
 また2015年度に興収10億円として挙げられた『ガールズ&パンツァー劇場版』は、前年発表時からさらに大幅に数字を積み上げて最終的な数字は24.5億円に達した。
  
2016年度 興収10億円以上のアニメーション映画

[日本映画]
1.『君の名は。』   235.6億円(東宝)
2.『名探偵コナン 純黒の悪夢』   63.3億円(東宝)
3.『映画 妖怪ウォッチ エンマ大王と5つの物語だニャン!』   55.3億円(東宝)
4.『ONE PIECE FILM GOLD』   51.8億円(東映)
5.『映画ドラえもん 新・のび太の日本誕生』   41.1億円(東宝)
6.『映画 聲の形』   23億円(松竹) 
7.『ポケモン・ザ・ムービーXY&Z ボルケニオンと機巧のマギアナ』   21.5億円(東宝)
8.『映画クレヨンしんちゃん 爆睡!ユメミーワールド大突撃』   21.1億円(東宝)
9.『この世界の片隅に』   15.7億円(東京テアトル)
10.『ルドルフとイッパイアッテナ』  14.6億円(東宝)
11.『遊戯王 THE DARK SIDE OF DIMENSIONS』   10億円(東映)
*『君の名は。』と『この世界の片隅に』は発表時点で興行中。2017年1月22日時点での数字

[海外映画]
1.『ズートピア』   76.3億円(ウォルト・ディズニー)
2.『ファインディング・ドリー』   68.3億円(ウォルト・ディズニー)
3.『ペット』   42.4億円(東宝東和)
4.『アーロと少年』   17億円(ウォルト・ディズニー)

*数字は日本映画製作者連盟の発表のうち、アニメーション映画のみを抽出した。い

関連記事

ピックアップ記事

  1. アニメーションブートキャンプ 2017
     アニメーション制作の第一線で活躍するプロのもと、業界を目指す学生が4日間の合宿で技術を学ぶ「アニメ…
  2. 「デジタルコンテンツ白書2017」
     ますます変化の動きを早くしているコンテンツ産業を一望する書籍として活用されている「デジタルコンテン…
  3. オーライタロー氏、樋口真嗣氏
     生頼範義の大規模な回顧展が、2018年1月6日から2月4日まで東京・上野の森美術館で開催される。2…
ページ上部へ戻る