プロデューサー賞に「シン・ゴジラ」山内氏、奨励賞に「君の名は。」川口氏

藤本賞

 一般社団法人日本映画テレビプロデューサー協会は2017年1月19日、2016年度を対象としたエランドール賞の各受賞者を発表した。
 プロデューサー賞映画部門には、『シン・ゴジラ』を担当した東宝の山内章弘氏が選ばれた。プロデューサー奨励賞は、『君の名は。』の川口典孝氏に決まった。川口典孝氏は、『君の名は。』のアニメーション制作をしたコミックス・ウェーブ・フィルムの代表取締役も務めている。

 またプロデューサー賞テレビ部門は、日本放送協会で『真田丸』の屋敷陽太郎氏、吉川邦夫氏。プロデューサー奨励賞には、『地味にスゴイ!校閲ガール・河野悦子』の小田玲奈氏(日本テレビ放送網)である。
 そして、特別賞として『逃げるは恥だが役に立つ』から、TBSテレビの制作チームとなっている。いずれも2016年の話題の映画、テレビドラマの担当者が並んでいる。
 授賞式は2017年2月2日、東京・新宿京王プラザホテルにて実施される。

 日本映画テレビプロデューサー協会は、1954年に日本映画製作者協会としてスタート。テレビドラマ拡大を受けて1970年に現在の名前に変更した。日本の映画・テレビ番組のプロデューサーが加盟する同業者団体である。その地位向上や、映画・テレビ番組文化の発展を目指している。
 協会による顕彰は、1968年にエランドール賞としていまのかたちになった。プロデューサー賞は1962年の協会賞からスタート、1994年よりプロデューサー賞となり、いまに至る。

 川口典孝氏は、日本映画製作者協会が選出する新藤兼人賞 プロデューサー賞も昨年受賞している。
 数々の映画賞に輝く『君の名は。』だが、これ以外にも東宝映像本部映像事業部アニメ事業グループで本作の宣伝プロデューサーの弭間友子氏がウーマン・オブ・ザ・イヤー2017大賞に輝いている。映画の制作に加えて、ビジネス周りでも大きな注目が当たっている。

関連記事

ピックアップ記事

  1. COMEDY ANIMATION MARKET FUKUOKA 2017
     福岡から日本のアニメーションのクリエイティブを世界につなぐビジネスイベントが開催されることになった…
  2. TOKYOFOUCUSの企画ピッチ
     世界最大の国際アニメーション映画祭であるアヌシー、その併設国際見本市にて自身のアニメーション企画で…
  3. COCOLORS
     独自のセルスタイルのCGアニメで、先進的な表現を追求するスタジオ、それが神風動画である。その神風動…
ページ上部へ戻る