神風動画、異色のオリジナルアニメ「COCOLORS」新宿バルト9で2日間LIVE上映

COCOLORS

 独自のセルスタイルのCGアニメで、先進的な表現を追求するスタジオ、それが神風動画である。その神風動画の映画『COCOLORS』が、2017年2月17日と18日の2日間、新宿バルト9シアター6にて「COCOLORSスペシャルコラボLIVE」として上映されることが決定した。
 神風動画は劇場アニメやテレビシリーズは手がけない一方で、短い尺のなかに革新的なアイディアと映像を凝縮するのを得意とする。そんな技は、テレビアニメ『ジョジョの奇妙な冒険』のオープニング(1部~3部)や、ドラゴンクエストシリーズのムービーパートといった作品で確認出来る。神風動画を支持する映像ファンが多い理由でもある。

 その神風動画が約45分にも及ぶ作品として作り上げたのが『COCOLORS』である。脚本・監督を横嶋俊久、エグゼクティブ・プロデューサーを水崎淳平が担当、神風動画 弐式スタジオがアニメーション制作した。
 作品のテーマは、タイトルにも掲げられた「色」である。主人公の少年アキとフユは、人体を融解させるとバクテリアを含んだ有害な灰が降り続く世界で、巨大なマスクと防護服で全身を覆いながら地下深くの街に暮らす。ふたりは見たことのない空に憧れを持ち、見えない「色」を想像する。繊細で独自の世界観には、これまでの神風動画の積み上げた映像のノウハウがたっぷり盛り込まれる。

 今回注目されるのは、VvsS式ライブ上映と呼ぶその上映形式にもある。通常の映画とは異なり、録音された音声、音響ではなく、声優がその場に立ち生アフレコを行い、音楽も生ライブで映像に乗せられる。それが今回、2日間、わずか4回の上演になった理由でもある。
 作品は2016年10月に、徳島・マチアソビで初公開。今回は満を持しての初の東京公演だ。アニメという再現性の高いメディアにその場限りの演技、演奏が合わせられる大胆な取り組みは、実験精神に満ちた映像を試みてきた神風動画らしさも現れている。

 公演は、17日(金)20時~と22時~、18日(土)は8時半~と10時半~。いずれも全席指定で6800円。終演後には、出演したばかりの声優陣によるミニトークも予定している。かつてない映像を体験する貴重な場になりそうだ。

『COCOLORSスペシャルコラボLIVE』
http://gasolinemask.com/nishiki/cocolorslive.html

神風動画
http://www.kamikazedouga.co.jp/

関連記事

アーカイブ

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 第5回新千歳空港国際アニメーション映画祭
     2018年11月2日から5日まで、4日間にわたり開催される新千歳国際空港アニメーション映画祭の関連…
  2. 第31回東京国際映画祭
     2018年9月25日に、東京港区・虎ノ門ヒルズメインホールにて、第31回東京国際映画祭ラインナップ…
  3. 広島国際アニメーションフェスティバル
    津堅信之(アニメーション研究/日本大学藝術学部講師)   (1) 日本ゼロのコンペティション …
ページ上部へ戻る