DLE 東京ガールズコレクションの商標権に続き運営会社も買収

ファイナンス決算

『秘密結社鷹の爪』などのアニメ展開でもお馴染みのDLEが、事業の多角化をさらに進める。8月10日、DLEはライブ運営などの株式会社W Mediaの株式を子会社TOKYO GIRLS COLLECTIONを通じて取得したことを明らかにした。株式は代表取締役の村上範義氏が全株を保有しており、DLEはこの全てを3億9500万円で取得する。
TOKYO GIRLS COLLECTIONは、国内有数のファッションイベントである「東京ガールズコレクション」の商標権を管理する。一方、W Mediaは2006年の設立以来、「東京ガールズコレクション」のイベント企画、制作、運営を担ってきた。今回の取得でDLEは商標に加えて、「東京ガールズコレクション」を中心とした全体のビジネスを統括することになる。
W Media は、2016年には売上高27億9500万円、営業利益8600万円、経常利益7300万円だった。また当期純利益は5600万円の損失であった。

一方、DLEは2001年に設立。アニメーション事業に経験が豊富な代表取締役の椎木隆太氏のもと、『秘密結社鷹の爪』や『パンパカパンツ』などのショートアニメシリースを制作、人気を博した。設立当初より自らの事業をIPを中心にしたエンタテインメント事業として、アニメ制作会社とは一線を画していた。現在は、ファスト・エンタテイメントを掲げ、IPの短期間・大量生産との独自のビジネスモデルを築いている。
2014年の東証マザーズ市場上場後は、アニメやキャラクターだけでない実写映画製作や、地域活性化など事業の多角化に取り組んでいる。2016年6月期の連結売上高は30億7900万円(52.5%増)、営業利益は2億4900万円(24.5%減)、経常利益は2億1100万円(37.6%減)、当期純利益は1億4200万円(同35.1%減)である。

W Mediaの獲得も、こうしたDLEの多角化戦略の一環である。ただし、「東京ガールズコレクション」の商標権管理も含めてDLEのこれまでの事業は、IPの活用やブランドビジネスである。ここに既存の事業と売上高で同規模のライブ事業が加わる。DLEがこれをどう運営していくのか、既存事業とのシナジー効果がどう発揮されるのか、今後も大きな関心を集めそうだ。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 原恵一監督 インタビュー
     2017年10月25日~11月3日まで、第30回東京国際映画祭が開催される。近年、映画祭の中で大き…
  2. アニメーションブートキャンプ 2017
     アニメーション制作の第一線で活躍するプロのもと、業界を目指す学生が4日間の合宿で技術を学ぶ「アニメ…
  3. 「デジタルコンテンツ白書2017」
     ますます変化の動きを早くしているコンテンツ産業を一望する書籍として活用されている「デジタルコンテン…
ページ上部へ戻る