世界最大のアニメーション映画祭の意外な素顔:アヌシー国際アニメーション映画祭の戦略(前編)

『バケモノの子』野外上映会

Ⅰ アヌシー国際アニメーション映画祭、その役割

■ アートから映画、TV、ビジネス、テクノロジーまで、世界最大のアニメーション映画祭の意外な素顔

2016年6月12日から17日まで、ヨーロッパのアルプスの麓にある小さな町フランス・アヌシーに世界各国からアニメーション関係者が集まった。彼らが目指したのは、当地で開催されたアヌシー国際アニメーション映画祭(Annecy International Animated Film Festival and Market)である。会場で姿を見せた中には、アメリカのドリームワークス・アニメーションSKGの最高経営責任者ジェフリー・カッツェンバーグ、ハリウッドの大物監督・プロデューサーのギレルモ・デル・トロ、英国アードマン・アニメーションズの創業者ピーター・ロードとデイビッド・スプロクストンの二人、この夏の話題の映画『ファインディング・ドリー』のアンドリュー・スタントン監督らの錚々たる顔ぶれが並ぶ。さらに期間中は、フランスのオランド大統領が現地を訪れて、内外のアニメーション関係者との交流を深めた。
華々しい話題は、多くの人がアニメーション映画祭に持っている「芸術性の高いアニメーションの上映とコンペティション」といったイメージを覆すかもしれない。実際に、1960年代初めに始まったアヌシーは、長年そうした場所だった。しかし、近年、その様相を大きく変えている。グローバルのアニメーションシーンを反映する場所になっているのだ。
それが広島、オタワ、ザクレブと並ぶ世界四大アニメーション映画祭のひとつとされたアヌシーを、いまや別格、突出した存在にまで引き上げた。

ここで2016年の映画祭の内容を、振り返ってみよう。公式サイトを確認すると、大まかに3つの領域に分かれていることがわかる。

  1. フェスティバル(映画祭)
  2. ミーティング
  3. MIFA(アニメーション見本市)

である。

フェスティバルは、映画祭そのものだ。受賞作が話題になるコンペティションは、「短編」「長編」「テレビ番組」「広告(受託作品)」「学生」の5部門に各国から作品が集まる。約2600本ものエントリーから選ばれたおよそ200作品がアワードを競う。期間中の上映が500回以上は、世界最大規模。アヌシーの顔でもあり、中心に位置する。
スタジオジブリが製作参加した『レッドタートル ある島の物語』のオープニングや『ペット』ワールドプレミアもあった招待上映作品、市民に向けた野外上映もある。さらに特集上映企画や展覧会、サイン会もここに入る。

MIFAはアニメーションの国際見本市である。各国企業・団体の展示ブースに目を奪われがちだが、実際には企画のプレゼンテーションやシンポジウム、コミュニケーション&トーク、記者会見、リクルートなど様々な機能から構成されている。テクノロジーもそのひとつだ。2016年には特集企画のひとつをVirtual Reality(VR)とした。いくつもの講演と実演が設けられた。最新の動向を追う、映画祭の心意気が表れている。
2016年のMIFAの登録参加者は前年比4.5%増の2800人。12年連続の増加で過去最高だ。アニメーションの芸術面を支えるのが映画祭であるならば、ビジネス面を支えるのがMIFAである。
アニメーションに限らず、近年、世界の国際映画祭では併設見本市を強化する動きが広がっている。映画祭が持つ、国際的なネットワーク、集客力をビジネスに変え、地域経済の活性化につなげようというものだ。映画祭は単なるお祭りではなく、ビジネス機能を持つ場に変わりつつある。しかし、一般映画祭も含めて、その機能を十分果たしているケースはまだ多くない。アヌシーはアニメーション映画祭で唯一、それに成功し、それにゆえに特別なのだ。

ミーティングは人材交流・情報交換の場だ。基調講演を中心に、巨匠のクリエティブの紹介、制作過程にある話題作を紹介する「ワーク・イン・プログレス(Work in Progress)」、制作の実際を披露する「メイキング・オブ(Making of)」など多彩だ。今年は、ワーク・イン・プログレスに、2016年秋公開される日本の『この世界の片隅に』も登場して大盛況だった。制作中の作品の反応を確かめることの出来る場所にもなっている。
アヌシーで最も重要な機能は交流にある。ビジネスミーティング、映画祭や各国機関が開催するパーティー、何気ないランチやディナーも含めて、様々な国境を越えたコミュニケーションが行われる。デジタル時代になっても、結局は実際に人と会うことでプロジェクトは動き出す。作品の作り手、スタジオ、プロデューサー、放送局から映画会社、さらに業界を目指す若手まで、様々な人が集まることがアヌシーの強みになっている。夏の一週間、ここに来ればあらゆる最新の情報が手に入る。それがアヌシー国際アニメーション映画祭なのである。

中編 http://animationbusiness.info/archives/1686
後編 http://animationbusiness.info/archives/1706

アヌシー国際アニメーション映画祭
Festival International du Film d’Animation d’Annecy

http://www.annecy.org/home/

関連記事

ピックアップ記事

  1. アニメーションブートキャンプ 2017
     アニメーション制作の第一線で活躍するプロのもと、業界を目指す学生が4日間の合宿で技術を学ぶ「アニメ…
  2. 「デジタルコンテンツ白書2017」
     ますます変化の動きを早くしているコンテンツ産業を一望する書籍として活用されている「デジタルコンテン…
  3. オリジナルTVアニメ「URAHARA」
     日本のアニメがネット配信を通じて世界中に広がる中で、映像配信プラットフォーム発のオリジナルアニメが…
ページ上部へ戻る