スタジオジブリ「熱風」、“アニメーション製作事情”を特集 制作本数増加からファンの変化まで

「日本のアニメーション製作事情」

『君の名は。』が記録的な大ヒットをし、テレビアニメの人気作品は関連グッズやイベントで拡大を続ける。アニメ制作本数も急増と国内アニメ産業は、現在、かつてないほどの活況を呈している。一方で、制作現場の人手不足は深刻化している。その環境は依然厳しい。
こうしたアニメ製作の現状を分析する特集が、2016年12月10日にスタジオジブリが刊行する小冊子「熱風」で掲載されている。「日本のアニメーション製作事情」と題して、変化するアニメ業界で何が起きているのか、テレビアニメ、劇場アニメ、ファンの変容と3つの視点から取り上げる。

特集は3つのパートから構成され、およそ50ページにも及ぶボリュームだ。冒頭はクラフターのプロデューサー石井朋彦氏による「テレビアニメは今どうなっている?」。自身の経験も交えながら、アニメーション制作が増えている理由、それを支えるアニメスタジオの現状を解き明かす。現場もビジネスも知るだけに、スケジュール管理の問題や背景美術での現況など、驚かされる話も多い。さらに課題を整理して、今後の在りかたにも触れる。

ふたつめは、博報堂の森永真弓氏による「その視聴は趣味か使命か会話のネタか ~過剰なまでに物語の山を積まれ続ける視聴者~」である。こちらは企業の調査部門らしい、豊富なリサーチをベースに現在のアニメファンの気質を探る。
Twitterでのリツイート数と映画の興行収入の相関関係、テレビアニメの再生率の変動、録画率などの動きを分析する。単なる数字の解析にとどまらず、若い世代のアニメの意識変化につなげるのが鮮やかだ。

そして最後は、東宝のアニメ事業のキーパーソンである二人へのインタビューである。「TOHO animationのいま、そしてこれから」とのタイトルで、映画『君の名は。』の製作や宣伝の経緯はもちろん、深夜テレビシリーズの進出など、東宝のプロデューサーが直接語る。
『君の名は。』の空前の大ヒットの理由や、躍進を続けるTOHO animationの秘密も分かるかもしれない。

特集を企画する「熱風」は、スタジオジブリが毎月発行する無料の小冊子である。無料というものの150ページにもなるボリュームに連載記事と特集と読み応えたっぷりになっている。
内容も企業広報誌とは一線を画し、スタジオジブリだけでないアニメーション全体や、カルチャー、時には社会的な動きを取り上げる。これまでの特集記事には「電子書籍」から「人工知能」「広告と宣伝」「憲法改正」「人口減少社会」など今日的な話題も多い。単なるアイキャッチにとどまらず、スタジオジブリならではの切り口が特徴だ。

冊子は全国のジブリ関連書籍常設店で無料配布しているほか、通信事務経費実費(2000円消費税・送料込)の支払いで年間定期購読も出来る。配布店や購読の詳細は、スタジオジブリ 出版部のサイトで確認出来る。

スタジオジブリ 出版部のサイト http://www.ghibli.jp/shuppan/

関連記事

ピックアップ記事

  1. 「マチ★アソビ」vol.18
     アニメ/ゲーム/マンガの大型イベント「マチ★アソビ」の18回目が、2017年5月5日から7日まで徳…
  2. COMEDY ANIMATION MARKET FUKUOKA 2017
     福岡から日本のアニメーションのクリエイティブを世界につなぐビジネスイベントが開催されることになった…
  3. TOKYOFOUCUSの企画ピッチ
     世界最大の国際アニメーション映画祭であるアヌシー、その併設国際見本市にて自身のアニメーション企画で…
ページ上部へ戻る