「君たちはどう生きるか」4月3日に中国公開、宮崎駿作品で初の日本公開直後

君たちはどう生きるか

 宮崎駿監督の長編アニメ映画『君たちはどう生きるか』が、2024年4月3日に中国で全国公開される。中国の映画会社最大手のアリババ・ピクチャーズ・グループが配給を手がけ、IP FORWARDがプロモーションなどに協力する。
 映画のタイトルは、『你想活出怎様的人生』となった。欧米や日本と中国以外のアジアでは原題とは大きく異なる「少年と鷺」の意味のタイトルをつけたが、中国では日本語タイトルに寄せてきた。
 アリババ・ピクチャーズはこれまでにスタジオジブリ作品の映画配給はないが、米国アカデミー賞受賞の話題作だけに、大掛かりな興行が期待出来そうだ。実際に主人公・真人役の声には人気俳優でヒットシリーズ「唐人街探偵」で主役を務めた劉昊然を起用、この他に高圓圓や朱亜文、張含韻、陳建斌と大物俳優・女優で固めている。相当に力を入れているとみていいだろう。

 宮崎駿監督、スタジオジブリの映画は、これまでも中国で『千と千尋の神隠し』、『となりのトトロ』などが公開されている。2019年公開の『千と千尋の神隠し』は5億元近くもの興行になり、中国で公開された日本映画のなかでも上位につけている。しかし、こうした作品は日本公開から十数年、あるいは何十年も後に公開されたものである。
 今回は日本公開から約8か月後、日本でもいまだ続映中というなかでの公開だ。宮崎駿監督の人気、そして話題の大きさから、興行結果にも関心が集まるはずだ。
 また上海では同時期の4月12日からスタジオジブリをテーマにした体験型ミュージアム「スタジオジブリ・ストーリー」の実施も決まっている。こちらも話題づくりに一役買うだろう。

 『君たちはどう生きるか』は、国内では2023年7月14日に公開、24年3月24日までに興行収入は91億円を超える大ヒットになった。また北米では23年12月8日に『The Boy and the Heron(少年と鷺)』のタイトルで公開され、週末興行で1位になった。スタジオジブリの映画としては過去最大のヒットである。今年3月には米国アカデミー賞長編アニメーション映画賞も受賞している。
 また直近では、日本、北米、中国を除く地域で、Netflixが世界独占配信権を獲得することが発表されている。公開から8カ月しか経っていないが、中国は『君たちはどう生きるか』が上映される最後の巨大市場となる。

関連記事

アーカイブ

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. AnimeJapan2024
    ■凝った企業ブースが脱コロナ禍を演出  2024年3月23日から26日まで、東京都内で日本アニ…
  2. クランチロールアワード
     日本アニメ配信プラットフォームで世界最大規模のクランチロールが主催する「クランチロール・アニメアワ…
  3. 東宝×「World Maker」 
     2023年12月、東宝本社のゴジラ会議室に、ハリウッドの大物監督ジョーダン・ヴォート=ロバーツさん…
ページ上部へ戻る