「デスカムトゥルー」のイザナギゲームズに中国系ビリビリなど出資

提携

 ゲーム会社イザナギゲームズは新たな第三者割当を実施し、4億2980万円の資金調達をした。株式の割当先はHODE HK Limited、コロプラネクスト4号ファンド投資事業組合、アカツキの3者となる。調達した資金は人材採用の強化と新たなプロジェクトのクオリティアップに活用するとしている。
 新たに株主となったHODE HK Limitedは、中国の大手エンタテイメント企業ビリビリの香港籍のグループ会社にあたる。ビリビリは中国で日本アニメを含む映像やスマホアプリゲームといったエンタテイメントの配信事業を手がけている。
 イザナギゲームズは今回の出資と合わせて、ビリビリとの業務提携も発表した。業務提携を通じて日本だけでなく、中国とアジア地域での自社タイトルのパブリッシング、さらにオリジナルIP展開が強化できるという。

 イザナギゲームズは2017年に梅田慎介氏を代表取締役に設立された。事業の中心はコンシューマーゲームで、『デスカムトゥルー』『ワールズエンドクラブ』といった代表作がある。今年4月には『冤罪執行遊戯ユルキル』の発売が控えている。
 外部からの資金調達は積極的で、これまでの累計調達額は7億9860万円になっている。今回の第三者割当増資も含めた出資で主要株主は、梅田慎介、コロプラネクスト4号ファンド投資事業組合、Makers Fund、NetEase、ビリビリグループ、アカツキとなった。

イザナギゲームズ
https://izanagigames.co.jp/

関連記事

アーカイブ

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. ANNECYYAMADA
     2022年6月13日にフランスのアヌシーで始まった国際アニメーション映画祭に、日本からゲストが次々…
  2. 新潟国際アニメーション映画祭
     2000年代に入り、アニメーションのグローバルな広がり一段と進んでいる。日本は世界有数のアニメーシ…
  3. 諸葛四郎
     2022年4月21日より、東京・虎ノ門の台湾文化センターにて、「タイワニーズ・アニメーション~最新…
ページ上部へ戻る