ブシロードが中国映画事業のチームジョイに出資、資本業務提携

チームジョイ

 エンタテインメント総合企業のブシロードがアジア事業の拡張を目指し、チームジョイと資本業務提携をする。チームジョイが実施す初の外部資金調達(シリーズA)にて、出資を引き受ける。両社の協力により、グローバルな新たなビジネスや作品の創出を目指す。
 チームジョイの全体の調達資金額、ブシロードの出資金額や株式保有比率などは明かされていない。チームジョイはIPO(株式上場)を目指すとしており、調達資金は現在の事業の成長投資に振り向けることになる。

 チームジョイは中国産アニメーションの権利運用など、中国系コンテンツの事業を得意としている。中国出身の白金 代表取締役兼CEOらが2019年に設立した。
 設立から日は浅いが、すでに多くの実績を残している。中国産アニメーションでは『羅小黒戦記』や『白蛇:縁起』の配給を手がけてヒットさせている。実写映画でも中国の大ヒット作『唐人街探偵 NEW YORK MISSION』の日本プロデュースと撮影協力、さらに配給を担当した。中国コンテンツや業界を知ることで、成長が期待されている。
 今後はブシロードグループが保有する作品を中心に日本のコンテンツを中国など海外マーケットで展開、さらに海外コンテンツの日本展開を拡大する。日本から海外、海外から日本と双方向のビジネスの構築を目指す。

ブシロードはトレーディングカードやアプリゲーム、ライブエンタテインメント、アニメ製作など幅広いエンタテイメント事業を手がけている。映画配給にも積極的で、劇場版『BanG Dream!』などはブシロード配給だ。
 海外アニメの日本配給も有望市場と見ているようだ。2021年にはチームジョイと共に中国の3DCGアニメーション『白蛇:縁起』を配給している。同社との資本業務提携は、こうした協力を広げることになりそうだ。

ブシロード https://bushiroad.co.jp/
チームジョイ https://teamjoy.co.jp/

関連記事

アーカイブ

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. ANNECYYAMADA
     2022年6月13日にフランスのアヌシーで始まった国際アニメーション映画祭に、日本からゲストが次々…
  2. 新潟国際アニメーション映画祭
     2000年代に入り、アニメーションのグローバルな広がり一段と進んでいる。日本は世界有数のアニメーシ…
  3. 諸葛四郎
     2022年4月21日より、東京・虎ノ門の台湾文化センターにて、「タイワニーズ・アニメーション~最新…
ページ上部へ戻る