バンダイナムコフィルムワークスがSUNRISE BEYONDを吸収合併、事業を継承

提携

 バンダイナムコグループのアニメ・映像事業会社バンダイナムコフィルムワークスが、子会社でアニメーション制作をするSUNRISE BEYOND(サンライズビヨンド)を吸収合併する。2024年1月9日、バンダイナムコフィルムワークスとSUNRISE BEYONDが、それぞれの公式サイトで告知した。
 バンダイナムコフィルムワークスは2024年4月1日付でSUNRISE BEYONDを吸収合併し、同社の事業を継承する。バンダイナムコフィルムワークスは、アニメ企画・製作、制作のサンライズなどを前身として2022年に現在の体制となった。今回の吸収合併で子会社に残っていたSUNRISEの名称は消え、社名としてのサンライズも完全に消えることになる。

 SUNRISE BEYONDは、2019年3月にサンライズの子会社として設立された。IGポートのグループ会社であったジーベックのアニメーション制作事業部門を買収し、その受け皿を目的とした会社であった。
 ジーベックは1995年にプロダクション I.Gの子会社として誕生し、『機動戦艦ナデシコ』や『蒼穹のファフナー』、『ブレイク ブレイド』といったヒット作を生み出してきた。しかし経営面では脆弱で赤字が続き、2019年に旧作の権利とマネジメントはプロダクション I.Gへ、制作現場はSUNRISE BEYONDへ譲渡するかたちで再編された。SUNRISE BEYONDになった後も、『境界戦機』、『ガンダムビルドダイバーズ Re:RISE』といった人気作を制作している。
 SUNRISE BEYONDになった後は、2022年にバンダイナムコフィルムワークスの制作拠点である荻窪のホワイトベースにスタジオも移転している。経営の一体化が進められるなかで、今回の完全な経営統合という選択になった。

 バンダイナムコフィルムワークスは近年、アニメーション制作だけでなく、作品権利のマネジメントや二次展開ビジネスへの進出に積極的だ。一方で、アニメーションの制作能力の拡大も進めている。制作子会社はSUNRISE BEYONDだけでなく、バンダイナムコピクチャーズ、アクタスがある。M&Aや資本業務提携に熱心で、サブリメイション、studioMOTHER、アニマなどにも出資する。
 巨大化する大手アニメ企業の展開は、変化の激しいアニメ業界の現在を象徴するかたちだ。今後のバンダイナムコグループの展開と共に、注目される動きになりそうだ。

関連記事

アーカイブ

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 第2回新潟国際アニメーション映画祭
     今年3月に初開催されて話題を呼んだ新潟国際アニメーション映画祭が、2024年3月に第2回を迎える。…
  2. 『いきものさん』© 和田淳・ニューディアー/東映アニメーション
    『いきものさん』の製作で多くの人が驚いたのは、東映アニメーションがそれを担当することだろう。世界的な…
  3. MIFA東京都ブース2023
     東京都がこの10月、11月に、アニメーション分野で海外進出を目指す企業や個人事業主に向けた連続セミ…
ページ上部へ戻る