アニプレックス、4K Ultra HD Blu-rayで人気旧作アニメを続々発売

DVD/Blu-ray

 アニメ製作大手のアニプレックスが、ハイクオリティのビデオパッケージのリリースを積極的に進める。アニプレックスは2023年9月10日、自社ブランドを掲げた大型オンラインイベント「Aniplex Online Fest2023」を開催、この場で旧作人気タイトルを「4K Ultra HD Blu-ray」として順次再販売すると発表した。
 アニプレックス設立20周年に合わせた企画のひとつで、20年間の名作をよりハイクオリティな映像として世に残すとしている。商品やラインナップを紹介する「ANIPLEX 4K Ultra HD Blu-ray」とした特集サイトも立ち上がっている。

 第1弾として、9タイトルが告知されている。『劇場版「天元突破グレンラガン」』、『劇場版「鋼の錬金術師 シャンバラを征く者」』、『鋼の錬金術師 嘆きの丘の聖なる星』、『劇場版「あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。」』、『映画「BORUTO -NARUTO THE MOVIE-」』、『心が叫びたがってるんだ。』、『劇場版ソードアート・オンライン-オーディナル・スケール-』、『劇場版「Fate/stay night [Heaven’s Feel]」』、『映画「銀魂 THE FINAL」』といった作品だ。
 アニメプレックス初期のヒットタイトル『鋼の錬金術師』をはじめ、レーベルを彩ってきた大ヒット作が並ぶ。今回の発表タイトルは、いずれも劇場作品となっている。ハイクオリティを打ち出しやすいとの狙いもありそうだ。

 動画配信の急速な普及もあり、DVDやBlu-rayといったビデオソフトの国内マーケットは毎年縮小傾向が続く。しかし、同時にいまでも数万本単位を売り上げるヒット作もある。
 また映像とその特典を手元に置きたいとのニーズも依然、強い。アニプレックスはこれまでも特典や企画で差別化するビデオソフト商品を得意としてきたが、「ANIPLEX 4K Ultra HD Blu-ray」もそうした延長にあり、究極のコレクションを目指しているように見える。

 最初のリリースは、2023年9月27日発売の劇場版「天元突破グレンラガン」になる。2008年、2009年に紅蓮篇と螺巌篇の2作品として劇場公開されたが、今回は併せて収録する。
 4K Ultra HD Blu-ray Disc化にあたっては、今石洋之監督とTRIGGERが完全監修にあたり、HDR10方式でアップコンバートした。またDolby Atmosの音声や新規オーディオコメンタリーも収録するなどプレミア感も加える。価格は税込み14080円。
 それ以外のタイトルの発売日は順次告知、今後も続々リリースとしており、第2弾以降の発表も期待出来そうだ。

「ANIPLEX 4K Ultra HD Blu-ray」
https://www.aniplex.co.jp/uhdbd/

■第一弾ラインナップ
・劇場版「鋼の錬金術師 シャンバラを征く者」
・「鋼の錬金術師 嘆きの丘(ミロス)の聖なる星」
・劇場版「あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。」
・映画「BORUTO -NARUTO THE MOVIE-」
・「心が叫びたがってるんだ。」
・劇場版ソードアート・オンライン-オーディナル・スケール-
・劇場版「Fate/stay night [Heaven’s Feel]」
・映画「銀魂 THE FINAL」

関連記事

アーカイブ

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. AnimeJapan2024
    ■凝った企業ブースが脱コロナ禍を演出  2024年3月23日から26日まで、東京都内で日本アニ…
  2. クランチロールアワード
     日本アニメ配信プラットフォームで世界最大規模のクランチロールが主催する「クランチロール・アニメアワ…
  3. 東宝×「World Maker」 
     2023年12月、東宝本社のゴジラ会議室に、ハリウッドの大物監督ジョーダン・ヴォート=ロバーツさん…
ページ上部へ戻る