東映がキャラクター戦略部を設立、白倉伸一郎氏が戦略部長を兼任

企業ニュース

 映画会社大手の東映が、キャラクター関連事業の強化と拡大に本格的に取り組む。2023年7月1日付の組織改編で、あらたにキャラクター戦略部を設立した。
 キャラクター戦略部は事業本部などに属することなく、代表取締役会長と社長の直轄部署となる。グループ内の各セクションを横断することでキャラクタービジネスを進める。同時に経営トップ自らがキャラクター事業の強化と収益拡大に目を配る。

 キャラクター戦略部 部長は、上席執行役員の白倉伸一郎氏が兼任する。白倉氏は「平成仮面ライダー」シリーズの立役者で、「仮面ライダー」ブランドのリブートに大きな実績を残している。『暴太郎戦隊ドンブラザーズ』や『キカイダー REBOOT』など実写キャラクター作品をキャラクターを軸にした映画・テレビシリーズを多くプロデュースしてきた。
 そうした経験を活かして、こうした作品の二次展開ビジネスを開拓する。特に東映が多く持つ特撮ヒーローの活用は主軸になりそうだ。

 キャラクタービジネス強化は、東映が掲げる中長期戦略「TOEI NEW WAVE 2033」の実現が背景にある。2023年2月に公表したこの戦略の中では、「映像事業収益の最大化」、「IPライフサイクルの長期化」、「グローバル展開へのチャレンジ」を重点施策として挙げていた。
 戦略的かつ統合的に展開することで、重点施策の実現を図る。意思決定を迅速化と業務の全体最適化で、個別キャラクターIPの収益最大化を目指す。また海外ではアジア、中南米、欧米に向けたキャラクタービジネスのエリア戦略を検討立案する。

関連記事

アーカイブ

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. AnimeJapan2024
    ■凝った企業ブースが脱コロナ禍を演出  2024年3月23日から26日まで、東京都内で日本アニ…
  2. クランチロールアワード
     日本アニメ配信プラットフォームで世界最大規模のクランチロールが主催する「クランチロール・アニメアワ…
  3. 東宝×「World Maker」 
     2023年12月、東宝本社のゴジラ会議室に、ハリウッドの大物監督ジョーダン・ヴォート=ロバーツさん…
ページ上部へ戻る