Netflix オリジナル作品を中国にライセンス供給 ドラマやアニメーション等

Netflix 愛奇芸(アイチーイー)

 定額映像配信サービスで世界最大のNetflixが、中国の大手映像配信会社愛奇芸(アイチーイー)と連携することになった。2017年4月28日、Netflixとアイチーイーの両社が発表した。
 Netflixは同社のオリジナル番組の中国での配信権をアイチーイーにライセンスする。アイチーイーは自社の映像プラットフォームで、Netflixのオリジナルドラマを配信する。
 配信タイトルには、SFシリーズの『ブラックミラー』やSFホラーの『ストレンジャー・シングス 未知の世界』といった人気作品が挙げられている。いずれも中国でも、他国と同様のプレミア同時配信を実現する。
 作品の本数や規模の詳細は明らかにされていないが、ドラマの他、アニメーション、ドキュメンタリー、リアリティショウと幅広いジャンルをカバーする。Netflixが世界独占配信をする日本のアニメも今後、このなかに入ってくる可能性もありそうだ。

 Netflixは米国に拠点を持つ、映像配信のプラットフォーム。月額定額課金で番組見放題サービスを武器に急成長を続けている。現在は世界190ヵ国以上で、1億以上の有料会員を持ち、この分野で世界最大だ。
 しかし、中国ではインターネット配信サービスは中国資本の企業のみの認可制度となっており、Netflixはこれまで進出できていなかった。Netflixはオリジナル番組の全世界の配信ライセンスを持つため、これらの番組は中国で視聴が出来ない。今回は、中国向けの配信権をNetflixがアイチーイーに販売することでこれを実現する。中国企業を挟むことで間接的に、Netflixは中国進出を実現する。また、Netflixは中国における海賊版の抑制も期待する。

 アイチーイーは、中国で有数の映像配信サービスで、4億7400万人のユーザーを持つ。また有料配信サービスにも力を入れており、会員数は2000万人を超える。Netflixのオリジナル作品を加えることで、番組ラインナップの充実につなげる。

関連記事

アーカイブ

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. デジタルコンテンツ白書2021
     9月1日に発刊された『デジタルコンテンツ白書2021』が、2020年のコンテンツ産業と関連各分野の…
  2. 「MANGA都市TOKYO ニッポンのマンガ・アニメ・ゲーム・特撮2020」
     日本のマンガ・アニメ・ゲーム・特撮を題材にした企画展「MANGA都市TOKYO ニッポンのマンガ・…
  3. ファイ・ブレイン×Tファン
    放送終了後もファンをつなぎとめる仕組みに迫る。  2011年からNHK Eテレで約2年半放送さ…
ページ上部へ戻る