ACTF2017開催発表 デジタルアニメ制作をテーマに3年目

アニメーター

アニメーションのデジタル制作をテーマにしたセミナー「アニメーション・クリエイティブ・テクノロジー・フォーラム(ACTF)2017」が、2017年2月11日に東京練馬区の光が丘区民ホールで開催される。当日の詳細が発表され、12月1日から業界関係者に向けた参加申し込みの受付も開始した。
ACTFは、アニメーションの制作者のデジタル技術の情報共有を目的に、文化庁メディア芸術連携促進事業の一環として2015年からスタートした。制作スタッフのニーズに応えた充実した内容が好評を博している。2017年で開催3年目となる。

当日はデジタルアニメーション制作を活用している各社の事例紹介やセミナーが実施されるほか、展示なども設ける。個別のセミナーの内容やタイムテーブルは後日発表される。
前回2016年2月はオー・エル・エムによる「Toon Boom Harmonyを使ったデジタル作画ワークフロー構築への道」、サンジゲンによる「TVPaint作画の可能性」」、スタジオコロリドによる「CLIP STUDIO PAINT & STYLOS でのデジタル作画ワークフロー」などが設けられている。プロ向けの内容が特徴になっていた。

2017年も参加無料だが、参加者は商業アニメの制作関係者に限定されている。本会場の定員は約300名、商業アニメの制作者、制作会社のみ、教育関係者はサテライト会場での参加となる。学生は学校を通しての対応としている。詳細は一般社団法人日本アニメーター・演出協会(JAniCA)の申し込みページで確認出来る。
アニメーションのデジタル化は急進展するだけに変化のスピードも早い。最新技術の情報共有の場はニーズが高く、2017年も積極的に活用されるに違いない。

アニメーション・クリエイティブ・テクノロジー・フォーラム(ACTF)
http://www.janica.jp/course/digital/actf2017.html
2017年2月11日(土曜日)
東京会場(本会場): 光が丘区民ホール約300名、
サテライト会場

関連記事

ピックアップ記事

  1.  米国の独立系映画会社GKIDSとフランスのアヌシー国際アニメーション映画祭、そしてハリウッドビジネ…
  2. 「マチ★アソビ」vol.18
     アニメ/ゲーム/マンガの大型イベント「マチ★アソビ」の18回目が、2017年5月5日から7日まで徳…
  3. COMEDY ANIMATION MARKET FUKUOKA 2017
     福岡から日本のアニメーションのクリエイティブを世界につなぐビジネスイベントが開催されることになった…
ページ上部へ戻る