新潟国際アニメーション映画祭 部門発表、長編コンペ募集開始

新潟国際アニメーション映画祭

 2023年3月に第1回を予定する新潟国際アニメーション映画祭が、11月1日に新たな概要を情報公開した。また映画祭の目玉となるコンペティション部門のエントリーを開始した。
 合わせて公式サイトを本公開、公式Twitterの運用もスタートしている。来年春の開催に向けて、いよいよ盛り上がっていくことになる。

 映画祭の軸となるコンペティションは長編アニメーションに特化するのが特徴になる。エントリーのあったなかから10本あまりをノミネート、映画祭にてグランプリ、監督賞、脚本賞、美術賞、音楽賞、観客賞などの各賞を選出する。審査委員長には『GHOST IN THE SHELL / 攻殻機動隊』、『イノセンス』の監督などで知られる押井守氏が発表されている。
 作品の応募条件は、2020年以降に完成した40分以上の長編アニメーション作品であることだ。日本語、英語以外の作品は、応募時に英語字幕がついていることが条件になる。作品の募集期間は2022年11月1日から12月23日まで。詳細は映画祭の公式サイトで確認出来る。
(https://niigata-iaff.net/guide/entry-jp/)

 コンペティション以外の部門では、国内・国外のアニメーションを様々な視点から紹介する。現在「世界の潮流」、「レトロスペクティブ」、「オールナイト in 新潟」、「マスター・オブ・アニメーション・テクニック」が発表されている。上映作品は、今後順次発表される。
 また期間中は、市民が気軽に楽しめる企画やアカデミックなトークなども予定されている。国内外からアニメーション関係者が集まり交流する映画祭が目指される。

新潟国際アニメーション映画祭
https://niigata-iaff.net/programs/
新潟国際アニメーション映画祭 公式Twitter
https://twitter.com/NIAFF_animation

関連記事

アーカイブ

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 新潟国際アニメーション映画祭
     2023年3月に第1回を予定する新潟国際アニメーション映画祭が、11月1日に新たな概要を情報公開し…
  2.  2022年9月21日から25日まで5日間にかけてカナダで開催された第46回オタワ国際アニメーション…
  3. 海外ビジネスセミナー
     東京都に拠点を持つ中堅・中小企業、個人事業主を対象にした「海外進出ステップアッププログラム」をこの…
ページ上部へ戻る