インディーズアニメが集合「#Hashtag Animation Fes 2022」開催、SNSでコンテスト

#Hashtag Animation Fes

 個人や少人数でオリジナルのアニメーション作品を制作するクリエイターが集まるイベント「#Hashtag Animation Fes 2022」が、この秋にインターネット上などで開催される。イベントを主催するスタジオななほしとOnakamaから、このほど発表された。
 「#Hashtag Animation Fes」は2021年に第1回が開催されたイベントで、SNSを活用した作品コンテストを中心に「自主制作アニメ作品の発表の場を増やす」「アニメをつくる・つくりたいクリエイターの応援」「作品をつくりつづけることができる仕組みづくり」を目指している。前回はSNSへの動画投稿によるショートアニメコンテストを通じて、作品を世で広く楽しみ、さらに企画展示や配信トークイベントも実施して好評を博した。

 今回もまずは、作品コンテストを開催する。作品の応募は簡単で、自身で任意にアップした作品をTwitterに投稿し、「#Hash_Anime22」をつけて2022年11月15日から12月14日までの間にツイートするだけだ。本イベントの名前の由来でもある。
 作品は2021年1月1日以降に完成した15秒以上15分以内のアニメーション作品で、前回「#Hashtag Animation Fes2021」に応募した作品は除かれる。国籍やプロアマの区別、個人かチームなどは問ない。幅広い作品を対象としているようだ。
 審査委員にはアニメーター・演出家、アニメ会社のプロデューサーらが並ぶ。また協賛としてアーチ、・特定非営利活動法人 アニメ産業イノベーション会議、講談社シネマクリエイターズラボ、コルク、ノーヴォ、ファンワークス、Flying Ship Studio、リトルビット、ワコムといった多彩な企業、そしてアニメーターのりょーちも氏も協力する。

 アニメのコンテストは少なくないが、「#Hashtag Animation Fes」は今多くのクリエイターが日常から馴染んでいるSNSを使うのが特徴だ。作品を選考するだけでなく、ハッシュタグを通じて集まったショートアニメーションをユーザーがまとめて作品を楽しめるのも売りになる。
 前年あったクラウドファンディングや配信番組は、現在はまだ発表されていないが、今後も様々な仕掛けが用意されていそうだ。

#Hashtag Animation Fes
https://www.hashtag-animation-fes.com/

関連記事

アーカイブ

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 第2回新潟国際アニメーション映画祭
     今年3月に初開催されて話題を呼んだ新潟国際アニメーション映画祭が、2024年3月に第2回を迎える。…
  2. 『いきものさん』© 和田淳・ニューディアー/東映アニメーション
    『いきものさん』の製作で多くの人が驚いたのは、東映アニメーションがそれを担当することだろう。世界的な…
  3. MIFA東京都ブース2023
     東京都がこの10月、11月に、アニメーション分野で海外進出を目指す企業や個人事業主に向けた連続セミ…
ページ上部へ戻る