ACJ、英語版アニメ情報サイト「Anime Now!」をリニューアル 海外に情報発信

「Anime Now!」

日本のアニメカルチャーの海外発信を手がける株式会社アニメコンソーシアムジャパンは、日本アニメの海外向け情報サイト「Anime Now!」を全面リニューアルした。2016年11月25日より、新しいデザインンを公開している。
新デザインはシンプルなデザインで、ひとつひとつの記事の概要が確認できるようになっている。またシーズンごとのアニメ特集にリンクが張られている。PCウェブ向けとスマホ向けに提供している。

アニメコンソーシアムジャパンは、アニメの海外発信を目的に、バンダイナムコホールディングス、アサツー・ディ・ケイ、アニプレックスといった国内のアニメ関連会社、出版社、クールジャパン機構などが出資する会社として2014年設立された。映像配信プラットフォームの「DAISUKI.net」を通じて、多言語で海外向けに日本アニメの配信をする。日本とほとんど時差を設けないサイマルキャストで、数多くの新作を配信する。
無料配信だけでなく、2016年夏からは米国・カナダでは月額5ドルのプレミアムメンバーもスタートしている。プレミアメンバーだけが視聴できる作品のほか、視聴する際の掲載する広告の量が減るのが特徴だ。

「Anime Now!」は「DAISUKI.net」の映像に加えて、作品に関連する情報を英語で、映像と同様の日本と時差のない情報発信を目指している。作品情報でも国内外同時を目指す。
また、正規の配信サイト一覧を公開することで、各国のファンに正規配信サービスの利用を促す。海外のファンにはどれが正規で、どれが違法であるかの区別がつきにくいケースも少なくない。正確な情報で国内外のアニメビジネスの活性化に結びつける。
海外にも日本アニメの情報サイトは数多いが、「Anime Now!」では日本発ならではの情報を多く取り上げる。作品の基本情報やアニメーション制作の現場の紹介、スタッフへの取材など盛りだくさんだ。国境を越えたプロモーションや情報発信の場としての機能も目指す。

Anime Now!
http://www.anime-now.com/

関連記事

ピックアップ記事

  1. オリジナルTVアニメ「URAHARA」
     日本のアニメがネット配信を通じて世界中に広がる中で、映像配信プラットフォーム発のオリジナルアニメが…
  2. アヌシー映画祭「Tokyo Pitch」
     東京都は地場産業であるアニメの関連企業振興を目指し、このほど情報発信サイト「Tokyo Anime…
  3.  米国の独立系映画会社GKIDSとフランスのアヌシー国際アニメーション映画祭、そしてハリウッドビジネ…
ページ上部へ戻る