クランチロールオリジナル「THE GOD OF HIGH SCHOOL」、日本は7月からTV放送

『THE GOD OF HIGH SC H OOL ゴッド・オブ・ハイスクール』

 動画配信サービスの拡大に伴い、配信会社が企画・製作に参加するオリジナルアニメへの関心も高まっている。これまではグローバル展開し資金力も豊富なNetflixオリジナルアニメが話題になることが多かったが、いよいよ新たな勢力が登場しつつあるようだ。
 2020年4月28日、米国のクランチロールが製作するオリジナルアニメ『THE GOD OF HIGH SCHOOL ゴッド・オブ・ハイスクール』の日本展開が発表された。20年7月よりテレビ放送を開始する。

『THE GOD OF HIGH SCHOOL』は韓国NAVERのウェブコミックサイトWEBTOONで、Yongje Parkが連載する人気マンガ。世界最強の高校生を決める「ゴッド・オブ・ハイスクール」を舞台に、集まった常識破りの高校生たちのバトルアクションを描く。10代から20代の男性に高い人気を誇る。
 アニメーション制作を『ユーリ!!! on ICE』や『ドロヘドロ』など、人気作品を多く手がけるMAPPAが担当するのも注目されている。

 本作の注目のひとつは、「クランチロール オリジナル」を掲げていることだ。クランチロールは、アニメに特化した世界最大規模の映像配信プラットフォーム、現在は米国ワーナー メディアのグループ企業となっている。日本アニメの世界配信では、Netflixと並び重要な役割を果たしている。
 これまでも日本アニメに出資はしてきたが、「クランチロール オリジナル」を掲げことでより深く企画・製作に関わる狙いがあるとみられる。韓国企業NAVERとの提携も、グローバルな試みのひとつだ。

 世界ではクランチロールの独占配信となるが、クランチロールは日本向けにはサービスを展開していない。これまでは「クランチロール オリジナル」の日本での視聴は不透明であったが、『THE GOD OF HIGH SCHOOL』2020年7月よりテレビ放送されることがまず決定した。今後は日本でも積極的にビジネス展開することになりそうだ。

『THE GOD OF HIGH SCHOOL ゴッド・オブ・ハイスクール』
http://goh-anime.com/http://goh-anime.com/

原作: Yongje Park
監督: 朴性厚
シリーズ構成:村清子  キャラクターデザイン:秋田学
美術監督:岩谷邦子/西口早智子  色彩設計:忽那亜美
撮影監督:浅川茂輝  編集:相原聡
音楽:桶狭間ありさ  音響監督:小泉紀介
音響効果:中野勝博  音楽プロデューサー:小林健樹
アニメーション制作:MAPPA
企画プロデュース:SOLA ENTERTAINMENT
製作:Crunchyroll Production

関連記事

アーカイブ

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. ©Nintendo・Creatures・GAME FREAK・TV Tokyo・ShoPro・JR Kikaku ©Pokémon ©1998 ピカチュウプロジェクト
     国内最大の国際映画祭である東京国際映画祭が、9月29日に俳優の役所広司氏や是枝裕和監督、深田晃司監…
  2. デジタルコンテンツ白書2020
     一般財団法人デジタルコンテンツ協会は、経済産業省商務情報政策局の監修による『デジタルコンテンツ白書…
  3. 「MANGA都市TOKYO ニッポンのマンガ・アニメ・ゲーム・特撮2020」
     日本のマンガ・アニメ・ゲーム・特撮を題材にした企画展「MANGA都市TOKYO ニッポンのマンガ・…
ページ上部へ戻る